Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
反証不可能な悪口。
 大学生の頃、学部内ではやっていたブラックジョーク。

 「ずっと隠してたんだけど、、、お前って実は、○○だったんだ。」 

 ○○の中には、通常、臭い関連の単語が入る。 口やら、脇やら、その他もろもろ。 理由はいまだによくわからないが、学部の友達同士で、これを言い合っていた。 もちろん、ネタである。


 似たような言葉で、よく親から言われていたのは、

 「手順、おまえ、実は、うちの子じゃないんだ。 橋の下で拾ってきたんだよ。」

 これを言われて、保育園児の頃に何回へこんだことか。 一度は、家なき子ばりに、本気で家出を考えた。

 
 ふと、思ったこと。 
 悪口の中で最も相手にダメージを与えるのは、反証が不可能な悪口。 さらにいえば、「ちがう!!」と、心の底から確信することが難しい悪口。 

 と、知ることによって、この類の中傷から受けるダメージを少し軽減できると考える。 エントリーにわざわざ書いた理由。
Comment
≪この記事へのコメント≫
親父に箸が違うといって、頭殴られた。まじ、ウザイ。
2007/08/28(火) 09:41:58 | URL | 永井雄二 #-[ 編集]
それは、ちょっとやりすぎかもしれませんね。。
2007/08/29(水) 21:15:41 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。