Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
日本の「アルファブログ」の水準について思うこと
書くと角がたつので、なかなか先延ばしになっていたのですが、そのうち書かないといけないと思っていたネタ。

自分も決して水準の高くないものを書いているくせになんですが、日本でよく読まれているブログと、アメリカでよく読まれているブログ(特にビジネス分野の論壇系)を比較すると、その水準の違いに愕然とします。裏付けとなる事実と論理の両方において、途方もない差が出ています。

たとえば、Beckar Posner Blogを読んでみてください。そのよって立つ思想・信条の部分はさておき、記事の一つ一つのクオリティの高さに驚かされるはずです。


また、日本の有名ブログのいくつかは、言い切り調で堂々と間違いを書いていて、それを読んだ人に対する悪影響も少なくない気がします。僕は自分がそこそこ勉強してきた分野の間違いしか分かりませんが、他の分野についても同様の問題があると、他の分野の専門家の友人が指摘していました。一流の学者や専門家に、論壇系ブログを書く人がほとんどいないのが一因なのかもしれません。

数少ない、良質なブログは、そのコンテンツを有料化してしまっているし(経済学的に考えると、当然の行き先かもしれませんが)。。もしくは、本業が忙しいためか、論壇系にはならず告知ブログになってしまったり、あまり更新されないし。。


念のために書いておくと、ブログで間違いを犯してはいけないとか、しょーもない内容を書いてはいけないとか、ということを言いたいわけではありません。アマチュアとして他分野の議論に異種格闘技戦を申し込めるのは、ブログの良いところでしょう。ここで問題としたいのは、日本のアルファ・ブログ(この言葉もよく意味が分かりませんが)が、自らの専門性をもって主張すると思しき内容や言論についてです。


どうすれば、日本語で書かれているブログの記事に目を見張るような素晴らしいものが溢れるようになるんですかね。。 誰か分かる人がいたら教えてください。 


少なくとも、僕自身がするべきことは明らかです。ちゃんと勉強して、日々もっと良いものが書けるように努力すること。書いたところで現状が変わるわけでもない、こんなネガティヴなことを書くくらいなら、自分がちゃんと書く努力をすべきなのです。



Comment
≪この記事へのコメント≫
Taejunさんの本、拝見させていただきました。
金融素人の私にも大変分かりやすい内容でした。
ありがとうございます。

最近、英語のブログも読んでいるのですが、
他に質のいいブログがあったら教えていただけますか?

今後もブログを通して応援させていただきますね。

2009/08/12(水) 08:18:44 | URL | yukimi #-[ 編集]
その某氏ですが、最近Economistのインタビューを受けた!とめちゃめちゃ嬉しそうにしてましたね。
2009/08/13(木) 01:41:06 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
yukimiさん、
有難うございます! まだまだ未熟な僕ですが、これからもよろしくです。

英語ブログは、経済系だと、いくつかあります。今度紹介しますね。


権兵衛さん、コメント有難うございました。そうなんですね。
どの某氏かは分からないのですが、Economistは日頃読んでいるので、見つけられるかもしれません。
2009/08/13(木) 01:46:22 | URL | Taejun #-[ 編集]
市場規模
一つの要因は、言語の市場規模じゃないですかね。これが全てとは言いませんが。

クオリティの高いブログ記事を書くには相当の能力と労力が求められるわけで、直接的あるいは間接的に返って来る有形無形のインセンティブ(金、人脈、名声、等)の大小によって、記事を書こうとする人の質も、それにかける手間も変わってくると考えられます。

英語のブログと日本語のブログでは、読者規模のポテンシャルが桁外れに違い、そこに働くインセンティブの規模も、そこで起こる競争のレベルも異なってきます。

ニュースの質も日本のメディア(TV、雑誌、新聞を問わず)は、英語メディアに全然かないませんよね。

小説や映画なら、超一流になれば翻訳されたりリメークされたりして、国際市場に進出するという可能性もありますが、ブログやニュースのように即時性が高く、その場で消費されるようなコンテンツは、そうも行きません。

そう考えると、有料化というのも(個人的には好かんのですが)、小さい市場で良質のコンテンツを提供するための一つの手段として仕方ない気もします。
2009/08/14(金) 16:43:19 | URL | cloudgrabber #-[ 編集]
cloudgrabberさん、有難うございます。

そうでした!仰る通りですね。
客観的状況から、良いものが出る確率は低くならざるをえないんですね・・・次に書こうとしているほんの枠組みでも説明しようかな、と思います。 
2009/08/14(金) 23:55:11 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。