Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
衛星でGDP成長率調査
これは面白い。
http://www.economist.com/businessfinance/displaystory.cfm?story_id=14177392

 政府の裁量で統計がゆがめられてしまうような国の経済成長率を測定するのに、衛星から撮れる夜中の明かりの写真を用いようというもの。 

実際に、開発途上国のGDPの報告値には、±20~30%くらいのずれがありうるそうです。 もし政府の統計関係者が統計をゆがめようという意志があるのが一因と言われています。


衛星から見えるライトの量は多少なりとも測定を正確にするのに役立つかもしれません。もちろん、地域のライトの明るさは、消費水準のみならず、エネルギー効率やGDPの引き上げファクターにより変わりえるので、これをそのまま用いるのは危険ですが、少なくとも、経済全体のトレンドを見るには、隠しようのない要因のように思われるので、この方法論を用いたレポートを、ぜひ一度読んでみたいですね。



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。