Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
岩瀬式・加速勉強法
888.jpg
東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法


東大在学中に司法試験に合格し、ハーバードMBAをトップ5%で卒業した岩瀬大輔さんが超優秀であることには、誰も疑いを持たないと思います。

そんな岩瀬さんの学びの技法を、客観的な視点からまとめている、という点に本書の特色があると思います。というのも、この本は、岩瀬さんと編集の方が勉強法について長い時間話し合い、その話し合いを通じて、編集の人が「なるほど」と感じたものを抜き出してまとめたものだからです。

この方法の優れた点は、すごい業績をあげている本人にとって「当たり前」の習慣でありながらも、他人にとっては非凡な内容を抽出できる点にあると思います。

個人的な経験ベースの話でしかないのですが、習慣ほど、その人のすごさに直結しているものはないと思うんですよね。というのも、習慣化された知の技法は、徐々にしかし確実に知を蓄積させていくためです。その一因には、習慣がストレスにならないことがあるのでしょう。多くの修行についても、いったん何かが習慣化されてしまうと、それがどんなに大変なことでも、心理的な負担は大したものではなくなることが知られています。

その岩瀬さんの習慣なのですが、読んでいてなるほどなー、と思うことしきり。無駄なく、やるべきことをしっかりと押さえているんですね。本書を読んでみて、著者の習慣をいくつかでも真似して自分の習慣に取り入れたら、良いことがありそうです。個人的に取り入れようと思ったのは、「自分だけで作業していた詰まったら議論すること」、「自分の苦手意識の原因をつきとめること」、「細切れにしてやるべきことを積み重ねていくこと」でしょうか。

カバーはいかにも、という感じですが、本のカバーやデザインは、著者の意見が最も通らない部分ではあります。(僕の場合もそうでした・・・) 岩瀬さんとしては不本意かもしれないカバーデザインですが、これくらいの方がインパクトがあっていいのかもしれませんね。


先日のランチでは、たくさんの刺激を頂きました。有難うございました!



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。