Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
グルーヴレッスン半年目
先日のレッスンで、師匠から半年前と比べたら見違えるように良くなったと言われ、とてもうれしかったです。

この半年の間、ずっとグルーヴの練習だけしていました。 テクニカルなことは一切やらずに、基礎だけ、コツコツと。 自分の性格がそうなのか、基礎をコツコツするのって、結構好きみたいです。 高校サッカーをしていたころは、ずーっと一つの練習をコツコツしていた記憶があります。

グルーヴの基本は、全ての音が完全な線としてきれいにつながること。レッスンでは、この音のつながりを意識するための練習を沢山しました。 一つ一つの音を完全な関連性の中におくことは、なかなか大変で、それを実現するための一つの方法は、リズムを単調に刻むのではなく、ウラやトリプレットを意識してあたかもリズムが歌うように演奏することです。

練習をしていると、スティーヴ・ジョーダンの偉大さを改めて思い知ります。素晴らしいグルーヴです。 まだまだとてもヘタッピなので先は遠いですが、これからも楽しくドラムのレッスンを続けていこうと思います。 (ちなみに、将来やりたいことリストの一つに、有名なジャズバーで演奏する、というのがあったりします)



steve.jpg
Groove Is Here [DVD] [Import]


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。