Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
著名人に会ったこととメディア掲載について書くのをやめる
今後、著名人に会ったことや、自分がメディアに取り上げられたことは、特別な場合を除いてはブログやSNS、Twitterに書かないことにします。

何かが違うと思うんですよね。まだうまく言語化できないのですが、たとえば僕の尊敬するガンジー、宮本武蔵や西郷隆盛が現代に生きていたとして、そんな事を書くとは思えないのです。

友人の軽重は相手の著名度によるものではないし、相手が著名だからといって書く理由なんてどこにもないはずです。相手から素晴らしい触発を受けたとしても、別にその相手が誰かなんて書く必要はないはずです。(その相手にはもちろん感謝しなければいけませんが)

で、突き詰めて考えると、こういった事を書くのは、自意識の好ましくない発露だと思うんですよね。 言葉を選ばずに、客観的に自分を見直すと、気持ち悪い、というか、媚びているというか。 メディア掲載についても同様に、何らかの自意識が働いた結果だと思われます。

なので、自分が納得できる理由が見つからない限り、もうやめます。

Comment
≪この記事へのコメント≫
うーん、そうですね
その気持ちわかります。ミーハーな気分といいますか、誰かに言いたくてたまらなくなるというか、少し舞い上がってしまう自分がいるわけですね(これは私の場合ですけど・・)。特に著名な方と接触した時は自分が対等のレベルにいるのだということも言いたくなるわけでして、それが逆に自分の器の小ささを露呈しているような感覚にも陥ります。

粛々と自分の業務をこなし、道を究めたいところです。今も昔も、偉人達は功績に対する名声を追及していたとしても自分自身の名声を欲していたということはないはずです。つまり、ステータスを気にしていたような輩ではないはずです。

というところですが、Taejunさんが感銘を受けた事実というのは一読者として知りたいものです。「自意識の好ましくない発露」の克服ができるようであれば、是非、ブログにて発信して頂きたいです。
2009/09/20(日) 02:17:25 | URL | システムおぢさん #yl2HcnkM[ 編集]
素晴らしいですね。
本を出版された辺りから良くも悪くも「そっちの方向」へ行っちゃうのかぁと思っていましたが、この段階で自粛とはすごいですね。
(多分私にはできません)
恐らく勝間さんは「甘いっ!」と一喝されるでしょうが、Taejunさんが勝間スタイルのフォロワーになる必要は無いでしょうから。

Taejunさんのブログを見つけたとき、こんな凄い高尚な同世代がいるのかと感動しました。
これからも気高く素敵なブログであってください。
2009/09/20(日) 21:52:15 | URL | やまもつ。 #sSHoJftA[ 編集]
ん?
個人的には別にいいと思うけど…


>このブログの主な目的は3つ:
>①知の共有
>②自分の思考の言語化
>③人が元気を得られるものを書く事
>です。

こうやって見ると、taejunの中では③に抵触したのかもね。何年もやっていて、初心を忘れないところはスゴイと思う。

あとストイックに生きるのは自由だけど、君が何かの記事でとりあげたマルクス=アウレリウス帝は失敗者だったということも、心の片隅に留めておくべきだと思う。
2009/09/21(月) 20:30:45 | URL | 唐紙 #-[ 編集]
皆さん

レスが遅れてすみません。

システムおぢさん
有難うございました。
もちろん感動したことはこれからも書くと思います! 
ただ、その感動を与えてくれた人が固有名詞ではなく、友人やたまたま会った人、になるだけのはず、、、です。


やまもつさん
なぜかバガボンドを読んでいて気付かされました。
これからも、自分が信じることを書いていこうと思っています。


唐紙
有難う。
③よりは、もう少し根本的なところで、自分の信条に沿っていないことだから、やめる、ということなんだ。

マルクス・アウレリウスは、後継者選びで失敗したのだったよね。誰も無謬たりえないのだし、重要なことはそれを知りつつ、学べる点を学ぶことにあると思ってる。

ただ、それでも最後の1文の意味はよくわからない。 いつかメールください。


2009/09/22(火) 02:39:35 | URL | Taejun #-[ 編集]
相手の肩書きなどにとらわれず、素晴らしい人物にお会いになったらそのとおりに紹介しては?

ダライ・ラマの自伝などはそのような見方だと思いました。
2009/09/22(火) 11:24:56 | URL | 三浦介 #-[ 編集]
そう、それが素直で一番なのですが、ダライ・ラマのように成熟していない僕はやらしさを排除できそうにないので、やめておこうと思うんです。
2009/09/22(火) 12:13:35 | URL | Taejun #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/22(火) 20:40:13 | | #[ 編集]
一つの意見ですが…
個人的には、著名人(でなくてもいいですが)が名前を公表している友人のことを書くのは、「相手の宣伝のため」と解釈していました。自分のために時間を割いてくれた方のことを、ブログなどを通じて宣伝するのは、感謝の気持ちの表れともとれます。

 自分が掲載されたことを伝えるのも、記事を書いてくれた機関や記者さんの宣伝になると思いますよ。
それに慎さんのファンにとっては、貴重な情報だと思います(^^)


一応、そういう見方もありますよ、ということだけですが。
2009/09/24(木) 16:39:41 | URL | 永田町ママ #-[ 編集]
有難うございます。 それは素晴らしい考えですね。 よく理解できます。 そして、同様のアドバイスを頂きました。

もう少し、自意識から解放された後に、その路線で進もうと思います^^!

2009/09/26(土) 00:21:52 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。