Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マザーハウスイベント
マザーハウスのイベントに運よく当選して行ってきました! (・・・大遅刻でしたが。。)

イベント全般には参加できなかったのですが、感じたことは、マザーハウスはとてもよい会社だということ。

個人的な感覚でしかないのですが、ある会社がいい会社かどうかを見分けるために一番良いのは、一般社員と話すことなんだと思います。 経営陣を見るのも一つの方法なのですが、経営者や組織の代表の中には単に口がうまく、外っ面がよいだけの人がいる可能性があるので。 質問の対応についても、優等生的な答えをするのに慣れているので、突っ込んだ質問をしても、その人が本当にしっかりと人を育てているのかどうか見抜くのは一筋縄ではいかない。

そんなこともあり、ある会社のことを見るとき、出来ることなら一般社員の人にいろいろと質問をして話をするようにしています。 これは別に僕が見つけたことでも何でもなく、色々な人が説いている会社の「目利き」方法の一つです。 ちなみにゲバラも、勝利の成否を分けるのは、無名の兵士の士気だと話しています。 

マザーハウスの社員やアルバイトの皆さんのモチベーションの高さは素晴らしかったです。 ミッションと仲間の素晴らしさの二つが、皆さんが仕事を続けている原動力なのだということを強く感じられました。 今はまだベンチャーなので、こういうモチベーションを保つのは比較的容易(それでもすごい)だと思いますが、今後会社が発展していく過程においても、これが薄れない会社であり続けてほしい、と感じました。


最近まで新規出店等もあり、みなさんほぼ不眠不休で作業してきたそうです。 貴重な機会を有難うございました! 今日はゆっくりと休んでください。
Comment
≪この記事へのコメント≫
お忙しい中イベントにお越し頂きありがとうございました。

モチベーションの話ですが、社員一人一人が「意味のあることをやっている」と実感しながら働けているということが一番大きいのかな、と個人的には思っています。
そして社員だけではなく、お客様、生産者、株主、その他のステークホルダーの皆様全てにこの会社が事業を行っている「意味」を感じて頂ければ、企業として伸び続けていけるのかな、と思います。モノやサービスが溢れている今の時代に「意味」を感じてもらうには、常にフロントランナーとして新しい道を切り開いて走り続けなければいけないと思っています。

まだまだ未熟な会社ですが、これからも"Keep running"で進んでいきますので、どうぞ宜しくお願い致します。
2009/09/28(月) 23:46:04 | URL | shun #-[ 編集]
shunさん、こちらこそ素晴らしい機会を有難うございました。

一人一人が意味のあることをやっている実感って、すごい大切で素晴らしいことですよね。 僕もそういう団体にしたいなあ、と心から思います。

確かに、マザーハウスの皆さんは、keep walkingよりrunningの方が表現として適切そうですね!
2009/09/29(火) 07:44:42 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。