Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
開発途上国の携帯電話― 2 / 2
開発途上国における携帯電話の後編。

前編では、開発途上国における携帯電話普及率の急速な成長と、その背景となる事情を説明しました。

後編では、携帯電話がもたらす、情報の非対称性の低減とその効果について。

人びとの間で保有している情報に隔たりがあると、さまざまな非効率が生じます。 ばれないのを良いことにまじめに仕事をしない人、不当に価格を押し付ける人などが存在することがその理由です。 多くの人間が利害のために動くのだから、そういう人々を責めるよりは、情報の非対称を克服することの方が解決策としては妥当です。 たとえば、完全に匿名性が保たれるオークションを設計することにより、談合を無くす、など。


技術進歩と情報の非対称性にはある程度の関係があることは、多くの人が納得できることだと思います。 容易に想像できるように、開発途上国においては、相対的に情報の非対称性が高い場合が少なくありません。 開発途上国において汚職や不正が多い理由の一つも情報の非対称性にあるといえます。

携帯電話の普及は様々な経路を通じて、このような情報の非対称性を克服していく可能性をもたらします。

携帯電話を用いた選挙の監視がケニヤ、ナイジェリア、シエラレオネなどでは行われているそうです。方法は簡単で、携帯を用いて出口調査をするというもの。その結果と、実際の選挙結果が大きくずれることは考えにくいため、不正選挙を防ぐことができる可能性が高まります。 また、役人の使用している携帯電話について、その通話履歴を開示させることにより、収賄をある程度まで防ぐことができる可能性があります。

また、携帯電話を通じた市場情報のサービスは、開発途上国における価格メカニズムをよりよく機能させることができます。UCバークレーのJenny Akerによると、携帯電話の普及により、ある商品の地域価格差が最低6.4%低くなることが確認されたそうです。 価格メカニズムが正常に機能することは、国家における財・サービスがより効率的に分配されることを意味し、これは経済全体にとって好ましい影響をもたらします。 ロンドンビジネスクールのLeonard Wavermanによると、10人に1つ新たに携帯電話がもたらされることは、GDPを0.6%押し上げるとされています。



さらに、教育という点でも携帯電話が発展するにつれ大きな進展が望めます。iPhoneのようなブロードバンドの携帯電話(もしくはネットブック)が普及すれば、教育の格差はものすごいスピードで縮めることができるようになります。だって、例えば、誰だってMITのウェブサイトに行って、その授業が聞けるようになるのですから。

もちろん、現時点でのスマートフォンやネットブックは開発途上国における一般人が利用できるほどの低価格にはなっていません。 しかし、今後そのような低価格は実現可能だと思います。 残る問題は言語で、今後開発途上国において英語を第二母国語として設定することが、国の成長戦略として非常に有効になるのでしょう。


情報ってすごいですよね。 ある程度の条件さえそろえば、誰しもが平等にアクセスでき、それを取得することにより、富を創出することができる。 開発途上国における通信技術の発展は、この上ない経済成長の原動力となる可能性があります。 今後のイノベーションを想像するだけでワクワクします。僕もこれに関連して何か面白い活動を出来ないかと考えると、ワクワクはさらに膨らみますね^^。

Comment
≪この記事へのコメント≫
たしかクーリエジャポンでもアフリカに関する特集のなかで、アフリカの携帯電話事情を取り上げていたように思います。
携帯電話のみならず人類の発展のためにあらゆる技術を駆使して、不可能を可能に変えることのできる人間ってやっぱりすごいですよね。
次は何かなとワクワクします。
2009/10/01(木) 07:26:57 | URL | 敬柱 #-[ 編集]
アフリカでの携帯電話は1年以上前から結構話題にはなっていたのだけれど、こういう特集が組まれることはあまり見なかったので、結構お勧めです。 自分も何か作りたい・・・
2009/10/02(金) 12:45:03 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。