Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Keep Walking
裸でも生きる2
裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)

この人すごい!とたまたまyoutubeで情熱大陸を見たときから思っていた山口絵理子さんの新著、裸でも生きる2。この2年間のマザーハウスの軌跡が鮮やかに描かれています。台風の前日の午前2時から読んで、興奮してなかなか寝付けませんでした。

まず、何も前提知識のない人は、この情熱大陸を見て、出来れば「裸でも生きる」を先に読みましょう。



僕は「続編系の本は元の本を超えることができない」と考えていますし、多くの続編においてそれは事実なのだと思います。その理由は、続編は元の本の焼き直しで終わる場合が多く、最初の作品ほどのインパクトを人々に与えることができないからです。しかし、本書はちょっと例外でした。理由も、読んでいるとすぐに分かります。

前作を書いていた時から比べると、著者の成長が著しいのです。 元からすごいのですが、さらにすごくなっている。 多くのことを経験して、その一つ一つに対して常に深く考え、学んできたからなのだと思います。

本書では、ネパールで著者が経験した様々な出来事が描かれていますが、途上国で仕事をすることの大変さを改めて思い知らされます。こういう大変な状況でこそ、人の信条は試され、底が深くなっていくのでしょう。

著者は自分を普通の人だと語っています。 僕も、非凡と平凡の違いというのはそんなに大きなものではないと思います。 自分が決めたことを何があってもやりぬけるかどうか、本書のタイトル通り、Keep walkingできるかどうかが、分水嶺になるのでしょう。

自分の信じることをするべきか悩んでいる人や、人を信じられない人にお勧めです。清冽な感動を与えてくれるはずです。 迷ってばかりの僕も、歩き続けないと。

Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/13(火) 22:46:17 | | #[ 編集]
知り合いが似たような事してたけど、この人ほど凄くなかった(汗

>台風の前日の午前2時から読んで、興奮してなかなか寝付けませんでした。

騙されて読んでみますw
2009/10/14(水) 00:56:41 | URL | 唐紙 #-[ 編集]
会社が拡大しても芯のずれない企業になって欲しいと願っています。ロールモデルとしてもそうなって欲しい。
2009/10/14(水) 11:25:15 | URL | you #-[ 編集]
唐紙

お勧めです! ぜひぜひ~。


youさん

自省する組織だと思うので、大丈夫だと思います。 用心深いことに越したことはないですけれど。
2009/10/15(木) 02:18:50 | URL | Taejun #-[ 編集]
すごかったです。。。
ほんと、1より、2はもっとすごかった。
成長曲線が指数関数並みに。。。
(逓減の法則の範疇外)

同じ81年生まれであることに、ねたみとともに愛情とがんばれ!と
応援したい気持ちが強く生まれました。
2009/10/18(日) 16:34:59 | URL | フジユキ。 #-[ 編集]
ですよねー。
僕も頑張らないと・・・
2009/10/21(水) 01:45:41 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。