Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
パートタイムNPOの組織運営:その2
遅れてしまいました。 パートタイムNPOの組織運営について、残り二つを書きます。

人は、自らが一定時間をある活動に費やすとき、何らかの形で自己実現欲求を満たしているのだと思います。パートタイムNPOとしては(というか会社でもそうなのですが)、そういった欲求を満たすための組織づくりを考えるべきだと思います。

そのために、僕たちが行っていることは、三つ。

1.やりたい仕事をする
常にそういくとは限らないのですが、タスクは決して人に押し付けたりはせず、出来る人に立候補してもらうことにしています。人間は、ある行動をするときにおいても、それを自分で選んだ人と相手から受け取った人では、行動に対する態度が全く違うと思います。

もちろん、すべての仕事が魅力的なわけではなく、地道な作業もありますが、誰かに命令してやってもらうということはありません。(というか、そんなこと出来るわけもなく。。) 地道な作業にやる意義を見出すためには、何よりも自分たちの行っている事業の意義をみなで共有することが大切なのだと思います。

タスクを受け持った人には、権限が完全に委譲されます。お願いしていることは二つだけ。
・タスクチームの作業が周りから見えるように、やり取りは全体のメーリングリスト上で行う
・組織全体にとってリスクが存在する場合には、全体に相談すること


2.周囲からの感謝・仲間からの信頼
 貢献してくれた人にはしっかりと、「ありがとう」と感謝の意を伝える。単純なことではあるのですが、これを怠ってはいけないと思います。特にお互いの顔を毎日見れるわけではない活動においては、メールの上でも感謝の意を伝えることはとても重要です。
 そして、周りから貢献が認められている人には、活躍の場に出てもらうようにする。具体的にはセミナーでの発表などです。


3.自分たちが意味のある活動をしているという実感
 使命感は何にも代えがたいインセンティヴになると思います。私たちのマイクロファイナンスファンドのプロジェクトでは、メンバーは、機会の平等を少しでも達成する&日本で誰もやったことがないものを作っている、という矜持のようなものがありました。 そして今は、日本で一番マイクロファイナンス投資に詳しい団体を目指そうという目的とともに活動しています。
 活動の意義を見出し、それを共有するように努めるのは、リーダーの役割のうちでもっとも重要なものの一つなのだと思います。


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。