Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マイクロファイナンスフォーラム2009
(業務連絡:今年発売のimidas(イミダス)の100~101ページに、マイクロファイナンスのことを書いています。よかったら見てみてください。)


今年もマイクロファイナンスフォーラムの季節です。
11月15日14時半から、JICA東京で行います。

去年は、とにかくやってみよう、で始めたフォーラムだったのですが、今年は、自分たちのこの一年間の成果を伝えられるフォーラムになると思います。 来年からはもっとワクワクすることが起こるのですが、その次回予告も兼ねています。


こういう人にお勧めです。
・マイクロファイナンスに興味がある
・マイクロファイナンス投資の突っ込んだ話が知りたい
・会社員・学生NPOがどこまで出来るのか知りたい
・経済開発に興味がある
・SRIに興味がある
・新しい投資対象を探している


去年は、僕のギャグに監査はつかなかったですが、今年は厳重なレビューが入るのかもしれません。



●参加申込方法
氏名(ふりがな)、所属、参加人数、本セミナーを知ったきっかけを
明記の上、以下のメールあて先にてお申込ください。
lip@securite.jp
※定員に達した場合はお断りさせて頂く場合がございます。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆LIPマイクロファイナンスフォーラム2009◆
マイクロファイナンスの新地平II-貧困削減のための投資
◆11/15(日) 14:30~18:00@JICA東京◆
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『日本発のマイクロファイナンスファンドを』
前回LIPが開催したマイクロファイナンスフォーラムで皆様に呼びかけてから早一年。
今年9月にはLIPが業務提携するミュージックセキュリティーズ社が、日本国内初の
マイクロファイナンスファンド「カンボジアONE」の募集を開始しました。

この1年、日本でもマイクロファイナンスへの関心は高まり、グラミン銀行やBRACと
いった大手のマイクロファイナンス機関(MFI)のトップの方の話を聞ける機会は増えて
きました。しかし、世界に1400以上あるMFIですが、皆さんはいくつ知っていますか?

今回のフォーラムでは、日本にいてはほとんど知ることのない、マイクロファイナンスの
現場で実務に携わる方お二人を海外からお招きしました。
CHCというまだ小さく新しいカンボジアのMFIの取り組みの様子、
また世界で最も有名になったMFIであるグラミン銀行が、自国内だけでなく世界の
貧困削減のために始めたマイクロファイナンス投資の動きをお話いただきます。

もちろん、私たちのファンドの裏側-投資スキーム、契約書、デューデリジェンス、
ファンド組成までの苦難の数々(!)-もたっぷりお話します。

普段は聞くことができない現場で働く方の思いや生の声を聞きながら、
マイクロファイナンスの意義、なぜマイクロファイナンスへの投資が必要なのか、
どのようなMFIへの投資が求められているのか、私たちに何ができるのか、
を改めて一緒に考えてみませんか。

このとても貴重な機会に、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【開催概要】
●日時:2009/11/15(日曜日)14:30~18:00(受付13:50~)
●場所:JICA東京 講堂
アクセス:http://www.jica.go.jp/tokyo/office/about.html#map
●定員:300人
●参加費:3000円(学生2000円)
●参加申込方法
氏名(ふりがな)、所属、参加人数、本セミナーを知ったきっかけを
明記の上、以下のメールあて先にてお申込ください。
⇒lip@securite.jp
※定員に達した場合はお断りさせて頂く場合がございます。
あらかじめご了承ください。

●内容(適宜通訳あり)
◆挨拶、LIPの紹介 ― 慎泰俊 (LIP代表)
◆第1部:マイクロファイナンスの現場から 14:30~16:00
1.マイクロファイナンスの概要 ― Living in Peace
2.マイクロファイナンス実務の現場から
― Kuy Sengmoeurn (CHC Limited, Operation Manager)
3.対談・Q&Aセッション ― Kuy Sengmoeurn & 慎泰俊

◆第2部:マイクロファイナンス投資 16:20~18:00
1.マイクロファイナンス投資の概要 ― 福井龍 (世界銀行,TDLCマネージャー)
2.「カンボジアONE」が出来るまで ― 慎泰俊 (LIP代表)
3.貧困削減のためのマイクロファイナンス投資
― Christopher Tan (グラミン財団, フィリピン駐在員)
4.対談・Q&Aセッション
― Christopher Tan & ミュージックセキュリティーズ & 福井龍 & 慎泰俊

◆懇親会(無料):18:00~19:30 場所:同施設別会場

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●CHC(本年11月より「サミック」に名称変更)について
CHCは2005年9月にマイクロファイナンス機関としての認可を受け、
現在、9つの支店で1万人以上に金融サービスを提供しています。
カンボジアにある18のマイクロファイナンス機関のなかでは11番目と中規模ですが、
2005年から2008年の間に、売上高は8倍、純利益は30倍以上に成長しています。
詳細はこちら:http://www.chcmfi.com/

●グラミン財団について
貧困層向けに無担保・低金利の事業融資(マイクロクレジット)を実施する
「グラミン銀行」を創設し、2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス
(Muhammad Yunus)氏がスタートさせた財団。
詳細はこちら:http://www.grameenfoundation.org/

●主催:特定非営利活動法人Living in Peace  http://www.living-in-peace.org/
貧困削減のための活動を行うために設立された特定非営利活動法人。
メンバーは20-30代の金融機関・コンサルティング会社勤務者が半分以上を占め、
世界の貧困問題に関する勉強会やフォーラムの開催のほか、
少額の金融サービスを貧困層に提供し、自立する機会を提供する
マイクロファイナンスについての支援を行っている。
現在日本初となる途上国のマイクロファイナンス機関を支援するファンドが
ミュージックセキュリティーズ株式会社(第二種金融商品取引業関東財務局長
(金商)第1791号)より売出中。

●注意事項
※第2種金融商品取引業者の登録のないLIPは、
金融商品の勧誘、募集等の行為は一切行っておりません。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。