Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
This is it!
今年の映画には、個人に焦点をあてたよい映画が多い気がします。 ゲバラ、シャネル、そして、マイケル・ジャクソン。

音楽好きは、絶対に観た方がいいです。 This is it.
Thisisit.jpg これを見て、自分がマイケルジャクソンのライヴを一度も見ることができなかったのを激しく後悔しました。

映画なのに、グルーヴが半端じゃないです。 見ながら体を動かさずにいられないくらい。 映画の途中でスタンディングオベーションしそうになった映画はこれが初めてです。

グルーヴは、多くの場合は音楽や歌などの音から生まれるのだと僕は思っていました。 もちろん、体の動きも重要なのですが、それはあくまでもグルーヴの土台のようなものであって前面に出てくるものではないと考えていたんですね。 でも、この映画を見て、ダンスがグルーブにどんなに強い影響を与えるのかを思い知りました。

音がドンピシャのタイミングではまり込むことを、「ポケットに入る」、と表現する場合があります。 楽器と歌のみんながポケットに入っただけでも鳥肌が立つのですが、マイケルジャクソンの舞台では、人の体の動きまでが、このポケットに入っているんですね。 音と完璧に一致しているマイケルをみて、まさにグルーヴのThis is itを見た思いがしました。


マイケルジャクソンの舞台裏もこの映画では流れるのですが、すごくいい人なんですね。皆がマイケルを慕っている理由もよくわかる気がしました。

誰かに何か意見や忠告めいたことを言った後に、This is my loveと話すのは映画でか見たことのない表現だったのですが(てか、これもドキュメンタリーとはいうものの映画なのですが)、マイケルが言っているのをみて、ぜひ自分も使ってみようと思いました。


というわけで、音楽好きの皆さん、見ないと後悔しますよ。 ぜひぜひ見てください! This is my love.

Comment
≪この記事へのコメント≫
見ないと後悔してしまいそうな・・・でも、マイケルはあれだけじゃないっておもった・・・もっと色々なマイケルをみたいです
2009/11/11(水) 01:32:47 | URL | ハチクロアイズ #fpwaLjMk[ 編集]
This is my love
のあとにL・O・V・E(エルオーヴィーイー)も
つけてください。

しくよろです。
2009/11/11(水) 14:34:02 | URL | トロ肉 #-[ 編集]
ハチクロアイズさん

ライブ映像も色々あるみたいですし、それらをご覧になってみてはいかがでしょう?



とろ肉

えー、面倒だよ。

おっと。 This is my love. L.O.V.E.


2009/11/12(木) 03:47:11 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。