Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト
LIPにおける僕の今年のテーマは組織づくり。会社でもつい最近昇進したので、一ヶ月前に「はじめての課長の教科書」を購入しました。その著者である酒井穣さんの新刊。
日本で最も人材を育成する会社のテキスト
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)

本書のテーマは人材育成。なぜ人材を育てないといけないのか、どういう人々を、誰が、いつ、どのように育てるのかという問への答え、そして、その育成プログラムを評価する方法と自らが会社で取り入れている手法について紹介しています。

企業が人材を育てないといけない理由はグローバル化にあると筆者は説きます。ここでのグローバル化は、労働人口間の競争において国境の垣根がなくなる文脈から説かれています。事実、日本でもちょっとしたアルバイトの店員が外国人となっていることをよく見かけますが、この傾向はさらに進み、そのうちほとんどの業種・職種において同様の競争が起こることでしょう。好きでも嫌でも、多くの人々がこの国境なき競争に放り込まれることになります。社会人も学び続ける必要があり、その学び場が組織です。

組織には、10%の割合で積極的に学習する人々がいて、60%の消極的な学習者、そして30%の学習をしない人々がいるそうです。人材育成が、より多くの人々の能力を高めることが目的であれば、ターゲットとするべきはこの60%と本書では説かれています。

この人々に働きかけるタイミングとして紹介されているのは、(1)新入社員期間、(2)新規プロジェクト立ち上げ時、(3)出世や異動時、(4)人材がスランプに陥っているとき、(4)人材同士のトラブルがあったとき、(5)中途入社する人の入社前後3ヶ月、そして、(6)退職の前後、です。 個人的に印象に残っているのは、(6)です。人材の流動性が高い業種においては、一度会社をやめた人が戻ってくることもよくあり、退社する人々も将来の貴重な人材候補とみなす必要性は、高まっていくことでしょう(日本の労働市場の流動性が高まっていくのであれば、ですがいつになると劇的に高まるのかなかなか想像はつきません)。

人材を育てるために重要なことの一つは規律と動機づけ。このバランスが非常に重要で、うまくバランスをとらないと、人材が奴隷化したり(規律が強すぎるとき)、仲良しクラブの一員化(動機づけだけがあるとき)してしまう危険があります。

また、本書に何度か出てくる話が、「誰と一緒にいるかが、個人の成長をある程度において規定する」というものです。これは労働市場の流動性が非常に低い日本では非常に残酷な話でもあります。多くの組織において人々は上司を選べず、上司と反りがあわなくてもなかなか転職しにくいためです。こういう組織の問題について考えれば考えるほど、労働市場の流動性を高めることの重要性を痛感します。

また、本書は、実際にどうすればよいの?という問いにも一定の答えをもたらしてくれます。人材の育成結果を指標化し、それをチェックする形で育成プログラムのパフォーマンス測定をする方法が紹介されています。最終章では、酒井穣さんが勤めているフリービットでの人材育成プログラムが紹介されています。とてもユニークで面白いものが多いのですが、その中でも読書手当の存在はとても羨ましいなあ、と思えるものでした。

コンパクトな新書の中に多くの論点が整理されていて、非常に読み応えのある本でした。現在僕がいつも考えているパートタイムNPOの組織づくりにも、次に書こうとしている本についても、いくつか貴重なヒントを頂きました。

本書では組織の人々を社員とは呼ばず人材と書いています。ここからも分かるように、会社のみならず組織全般の人材育成の問題に関心のある人にはオススメの一冊だと思います。

Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして
酒井穣さんのブログから来ました。苗村屋と申します。

高い志と読み応えのあるブログに感激しました。マイクロ・ファイナンスを日本で実践なさっているというのは、初めて聞くことであり、びっくりしました。これからもブログを拝見したいと思います。宜しくお願いいたします。
2010/02/21(日) 12:34:02 | URL | 苗村屋 #yidQcXA2[ 編集]
はじめまして。
兵庫県に住む山下と申します。

いきなりのメールで申し訳ございません。
少しご相談がありまして、勝手ですが聞いてやってください。

いつもこのTaejunomicsを読んでいるのですが、
実は時間と読解力がないがために、自分で録音してi Podに入れて
それを通勤時間に聞いているんですね。自分用として。

自分だけで聞いている分にはいいと思うのですが、
先日、数人の友達が私も聞きたいと言い出し、
それだったらpodcastでパブリックに公開したらと・・・

そこで、ほんと恐縮なのですが、
Taejunomicsの記事を朗読して、それを録音してpodcastに公開するということをしてもいいでしょうか?

どうか、お返事を頂ければうれしいです。
返信がない場合は絶対に配信しませんので、ご安心下さい。


山下
2010/02/23(火) 19:20:50 | URL | 山下 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/24(水) 23:52:31 | | #[ 編集]
苗村屋さん

レス遅れてすみません。。
有難うございます! 私たちが企画したのは、海外のマイクロファイナンスに投資するファンドでして、国内ではまた別の資金調達の方法を考えています。 


山下さん
レス遅れてすみません。。
私の駄文より、他の方の文章の方が良いと思いますが、、ご自由にお使いください!


2010/02/27(土) 15:53:46 | URL | Taejun #-[ 編集]
こんにちは某ブログから来ました面白そうな本ですね。一読してみようと思いました。

http://www.police.pref.yamaguchi.jp/0310/jouhouteikyou/soukeisei.htm
2010/02/27(土) 19:43:10 | URL | 1 #x//XsA2.[ 編集]
1さん、コメント有難うございます。
はい、新書の中に内容がつまった本なので、ぜひ読んでみてください。
2010/02/27(土) 23:38:20 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。