Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
FREE
FREE.jpgFREE

だいぶ前に読んだまままとめていなかったので、備忘録代わり。
アトム経済(価格は上がり続ける)からビット経済(価格は下がり続ける)への以降が起こりつつあり、デジタルのものはタダになると本書は主張する。無料のルールとして、著者は次の10点を挙げる:
1.デジタルのものは遅かれ早かれ無料になる
2.アトムも無料に近づくが、ビットほどではない
3.フリーへの流れは止まらない
4.フリーからもお金儲けはできる
5.市場を再評価する(市場のどこで儲けるか、の視点を変えてみる)
6.真っ先にゼロにする(フリーにするのは先行者が圧倒的に有利)
7.遅かれ早かれフリーと競いあうことになる (もはや特定分野ではフリーは当たり前のことになり、差別化戦略にはならない)
8.無駄を受け入れる(多少のコストをきにしない)
9.フリーを導入すると、価値のレイヤーが変化する(元来潤沢と思われていたものに稀少性がつくようになる)
10.希少なものではなく、潤沢なものを管理しよう

本書で取り上げられるフリーのタイプには次のようなものがある。
・直接的内部補助:例:二枚目がタダになるチケット
・三者間市場:メディアがタダで情報を流し、広告料収入を得る
・フリーミアム:プレミアム版の無料版(アマゾン)
・非貨幣市場:贈与経済、Wikipediaなど

今後多くのものがフリーとの闘いを余儀なくされると本書は主張する。たとえば、Yahooのメールはある時期までは10MBまでが無料だったが、gmailとの競争で無制限無料にせざるを得なくなった。

フリーにおけるビジネスモデルは、サービスの大部分を無料にして、一部で大儲けするモデルだ。Googleのアドワーズなどがまさにそれで、無料のGmailのユーザーが見る広告からGoogleは利益を得ている。

フリーにすることは単なる慈善ではなくビジネス目的だ。例えば、ある種のサービスを無料にすることにより、次のような効果を期待できる。
・有料物の購入の候補を拡大(100人×10%購入より、100,000人×1%購入の方がよい)
・先行者であれば、自社のブランディングが可能。少し前に、ライフネット生命の岩瀬大輔さんの著書「生命保険のカラクリ」が電子書籍化したが、岩瀬さんとライフネットがここから得た便益は非常に大きいと思う。


本書の内容は、普段フリー経済に接している人にとっては自明のことだと思う。そのような人に対して著者ははじめからポジションをとっている。

「“まちがっている”と“自明のことだ”というふたつの意見に分かれる話題は、どんなものであれ、いいテーマに違いない。」


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。