Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
他人のために活動するときの五箇条
この有給消化の間にした様々な経験を通じて、人のために働くということについて、少し考えが深まった気がする。学んだことは、次の五つに集約される。人によっては、当たり前のことかもしれない。


1.自らの活動の正当性を絶対化しないこと
他人のためにしていると思っていることを美化したり、絶対化したりしないほうがいい。

個人的には、他人のために何かをする、というのは素晴らしいことだし、その動機は善なるものだと思いたい。でも、素晴らしい、とか、善とかいうのは、多分に主観が入るものであって、その正しさを検証するのは簡単なことではない。また、何らかの価値観が絶対化すると、多くの場合、悲劇が惹き起こされる。それは、魔女狩りであったり、大粛清であったりするが、歴史に残る惨劇の多くは、絶対的な正義の名の下に行われてきたことを忘れてはいけない。

人のために活動している、と考えている人は、それが本当に正しいことなのか常に疑問を持ち続けることが大切だと思う。それは時に非常に居心地が悪いことかもしれないが、後で過ちに気づいて悔悟するよりはよい。



2.原体験を持つこと
人のために何かをしようとするときの動機は、手触り感のある原体験に基づいたほうがいい。

他人のために何かをする、というのは、言うほど簡単なことではないし、多くの人の冷淡な視線や、自己懐疑にさらされることになる。そういう状況でもブレのない行動をするためには、自分がいつでもイメージできる動機の拠り所をもっておいたほうがいい。それは原体験と呼んでもいい。

その原体験は、自分の腕の内で死んだ赤ん坊であったり、売春宿で出会った少女であったりする必要は必ずしもない。そういう体験に出会えない人だっている。貧しい家庭に育った故の惨めな思いを他の人にはさせたくない、とか、たまたま誰かのために一生懸命に何かをしてみたら楽しかった、とか、フツーの体験でも構わない。無かったら実際に何かアクションをしてみて、体験をつくればいい。どのようなものであれ、実感を持って、自分の行動について是と言い切れる体験があったほうがいいと思う。それが、辛いときにその人を支えてくれる。



3.事業のほとんどは地味だということを理解すること
全ての仕事の99%は地味なものだ。まっとうな仕事であるほど、その比率は高いと思う。

本当に持続的な意味で他人の役に立つ活動も、驚くほどに地味な場合が多い。それは、作業工程の分単位の短縮であったり、一時間ごとに悪態をついてくる子どもを諭すことであったり、契約書の文言一つ一つを地味に詰めることだったり、資料のコピーをとりつづけることだったり、どうしてもバランスしないバランスシートの勘定科目を一つ一つチェックすることだったり、する。華々しさとは程遠い、日々の地道で愚直な積み重ねが、事業を磨く。



4相手の立場になって考えること
善意の押し売りは虚しいし、時に害悪にすらなる。

事業提案が相手から拒絶されたときに、「私たちはこんなに素晴らしいことをしてあげているのに」と言ってしまうのなら、それは末期症状に近い。

絶対的に正しい事業なんて存在しないが、少なくとも相手の立場になって考える事業は人の役に立つ場合が多い。相手の立場になって考えたいのなら、そこでの生活をともにして考えるのが一番だ。

カンボジアに来て改めてその意を強くしたのは、まっとうにお金を稼ぎ雇用や事業をつくることは立派な社会貢献だということ。3年と続かない「社会に役立つ職場」より、ちゃんと長続きする普通の職場を多くの人々は求めている。



5.自分の専門性を活かすこと
上記を満たす事業であっても、周囲にいる80%の人が出来ることをするよりは、自分しかできないことを探したほうがいい。

適材適所こそ、社会全体にとっては望ましい結果をもたらす。例えば、僕が農村で田植えをしたり、施設で子どもに日々接し精神的なケアをするのは得策ではない。というのも、僕よりも遥かによく出来る人がたくさんいるからだ。田植えを手伝っていた僕に、ヘタッピだからもうこれ以上するなと厳しく諭してくれたカンボジアのお婆さんや、子どもの心のケアのための活動をしたいという提案に分をわきまえろとコメントしてくれた施設の職員からは、身をもってそのことを知らされた。

専門性は、学問、職業、生活環境から生まれるものだ。誰だって、周りの80%の人より上手なことがあるだろうし、それをネタに事業をするのがよい。


書けば書くほど、当たり前のことに思えてきた。社会貢献というより、事業をする上での鉄則だと思う。
Comment
≪この記事へのコメント≫
シンプルで地味で、当たり前といえばそうなのかもしれませんが、非常に共感できます。

こうやって書き出すこと、纏めること自体が、できるようでできないこと、そして大切なのことなのかなとも思います。


『まっとうにお金を稼ぎ雇用や事業をつくることは立派な社会貢献だということ。3年と続かない「社会に役立つ職場」より、ちゃんと長続きする普通の職場を多くの人々は求めている。』

これは最近僕も特に思うことです。
雇用創出と納税だけでも…それはすごいことです。
2010/06/29(火) 22:57:25 | URL | leolio #-[ 編集]
leolioさん、本当にそうですよね。
今月から新しい仕事ですが、そんな気持ちで今後も必死に金を稼ごうと思っています。
2010/07/02(金) 22:13:08 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。