Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
自然体
先週は衝撃の出会いがありました。会って30秒会話しただけでその人が飛び切りの人間だということは感じたのですが、後になって、多くの人が彼を本物の天才と呼んでいることを知りました。

僕が彼を飛び切りの人間と感じたことには明確な理由があります。彼からは、世の中の殆どの人が有しているであろう、けちな損得勘定や虚栄心その他に代表される自意識が全く感じられなかったのです。天衣無縫という言葉がしっくりきます。ズケズケと言いたいことを言う。でも相手に対する批判にも湿り気が全然ない。相手からどう思われているかというのを必要以上に意識していない(ように見える)。

真に創造的な仕事をするにおいて、このように損得勘定や自意識から解放されることは本当に大切なことだと思います。こうしたら相手に借りを作れる、とか、自分が他人からどう思われているか、とか、相手は何を持っているか、とか、相手はどんな地位の人かとかは、自由な発想を妨げる以外のなにものでもありません。

子どもの頃は、多くの人々がとらわれのない心でものを考えることができるのに、社会生活をするうちに、どんどんつまらない人間に焼き直されてしまう。肩の力もどんどん入っていく。自己を解放できないので、創造力やエネルギーはとても小さなものになってしまう。

心のわだかまりを排して自己を解放するためには傍若無人になってもいいと考えているわけではありません。他人に対して敬意を払うことと、おべんちゃら精神や事なかれ主義に代表される人付き合いの仕方を排することは両立すると思います。どんな人にも等しく敬意を払い、相手の意見がおかしいと思ったら、その敬意を持ったままにしっかりと物申す、という姿勢を保つことは可能だと思います。

相手に対する敬意と自然体を保ち続ける。そう書くのはたやすいのですが、いい塩梅になるには、これからも道は長そうです。でも、コツコツと毎日自省を繰り返しながら、いつかその境地に辿りつけるようになれたらいいな、と思います。吉川英治の描いた宮本武蔵みたいに。 

そして、努力の末に本当に自然体になれたら、こんな「自然体」なんてタイトルでブログを書くこともなくなることでしょう。

Comment
≪この記事へのコメント≫
いつも参考にさせていただき、刺激を受けています。
この『自然体でいること』に関しては、30歳になる今年の最大のテーマかもしれないなと思っています。

そろそろ社会人経験もそれなりに積んできて、そして業界での結果もそれなりに出してきて、自分でもまぁまぁかなと思っていたら、ある方から『お前は鎧を着ている』と言われ、頭をかちわられたような衝撃を受けました。

手に入れたものを一度捨てることで、Next Stageにいけるのかなと、モラトリアムな私は考えています。無駄なプライドほど無駄なものはないなと、思い知らされる日々です。

2010/07/21(水) 17:07:50 | URL | 赤羽ラオウ #-[ 編集]
はじめまして。有難うございます。
私はまだまだ時間がかかりそうなのですが、コツコツやっていこうと思っています。
2010/07/22(木) 06:33:38 | URL | Taejun #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/22(木) 06:38:10 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/28(水) 15:54:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。