Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マイクロファイナンス調査で世界一を目指す
11月はプレゼンがやけに多いのですが、今週末でそれも一段落。

最後の締めはマイクロファイナンスフォーラム。Living in Peaceの活動をはじめて以来毎年11月に行っていて、今回は第三回になります。


マイクロファイナンスをビジネスの文脈から捉え、マイクロファイナンス機関に投資するファンドを企画しているのは日本では(多分)私達だけで、自分たちだからこそ出来るフォーラムを準備しています。マイクロファイナンス関連の金融商品が日本市場に出る以前から、私たちは投資としてのマイクロファイナンスを主題としたフォーラムを主催してきました。今回もビジネスの文脈で、もちろんミッションや現場感を伝えながら、マイクロファイナンスを語りつくします。

本フォーラムでは、次のような内容が取り扱われます:
・マイクロファイナンスの概要
・最新データに基づいたセクターの状況レビュー
・LIPが中小規模のマイクロファイナンス機関への投資ファンドを企画する理由
・提携先である二つのマイクロファイナンス機関の現場の声
・ベトナムのマイクロファイナンス機関のアナリストレポート

非常に地味ではあるのですが、私達が目指しているのは世界一のマイクロファイナンス機関調査能力を身につけることです。去年のフォーラムでもその調査能力の獲得を目標としていましたが、2010年も一定の前進があったと思っています。いくつかを挙げると、こんなところです:

・グラミン銀行を母体とする投資ファンドを運用するグラミン財団でのトレーニング
・フィリピン最大のマイクロファイナンス機関であるCARD MRIの研修施設でのトレーニング
・フィリピンのマイクロファイナンス調査機関のPinoyMEによるトレーニング
・世界最大のESG投資のカンファレンスであるTBLIで報告
・バリで行われたCGAP Course for Funders of Microfinanceに参加
・ベトナムでの調査開始、現地のマイクロファイナンス機関との基本合意取得


普通の金融の分野だと、世界一はそれこそエベレストみたいに頂上が遠いのですが、まだ黎明期にある投資としてのマイクロファイナンスの頂上は高尾山とか筑波山くらいの高さなんですよね。地殻変動がはじまればそのうち高くなるに違いない山の頂上に、今のうちに近づいておけることはこの上ないアドバンテージだと思っています。

(ちなみに、個人的な向こう5年のキャリア目標は、PE業界のトッププレーヤー(得意業界:エマージング市場(特にマイクロファイナンス)、その他もろもろ)になることです。)

そんな私たちのこの期間の成果を発表するマイクロファイナンスフォーラム、お時間があればぜひお越しください。事前振込をすると参加費が安くなります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 日時 : 2010年11月28日(日)
□ マイクロファイナンスフォーラム2010 13:00~17:30 (受付:12:30~)
□ ネットワーキング懇親会 18:00~20:00 (受付:17:30~)

◆ 会場 : 日本財団2F大会議室(赤坂)※ 懇親会も同会場にて行われます。
 (東京メトロ銀座線 虎ノ門駅3番出口より徒歩5分)
◆ アクセス : http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html

◆ 言語 : 日/英(同時通訳有)

◆ 定員 : 200名

◆ 参加費 : 事前振込、または当日受付にてお支払い下さい。

◎ フォーラムのみ
 (一般:3,000円、学生:2,000円)
◎ フォーラム+懇親会
 (一般:5,500円、学生:4,500円 ※ 事前振込→ 一般:5,000円、学生:4,000円)
◎ 懇親会のみ
 (一般、学生共通:2,500円 ※ 事前振込→ 2,000円)

◆ 参加お申込フォームはこちら → http://goo.gl/LXao5
Comment
≪この記事へのコメント≫
マイクロファイナンスについて
マイクロファイナンスを理解するために、よい本があれば教えてください。
2011/01/13(木) 05:33:38 | URL | sho #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。