Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
グルーポンの本質
GROUPON.jpg正直言って、僕はグルーポンがなんなのかよく分からなかったし、「単にクーポンがウェブになったことの何がすごいんだろう」ぐらいに思っていた。それは確かに、既存のクーポンビジネスに取って代わるかもしれないし、そこには確かに意味はあるだろう。けれど、そんなに大騒ぎするほどのことなのだろうかと。

昨日グルーポンで働いている方とディスカッションをして、初めてこのビジネスの本質を理解することができたとともに、己の不明を恥じた。これが分かると、なぜグルーポンやポンパレが国内で採算度外視(のように見える)競争をしながらもシェア確保に躍起になっているのかが理解できる気がする。

下記に書く内容は、僕の勝手な理解であって、グルーポンの公式見解ではないことを、(言うまでもないと思うけれど)予め断っておく。


グルーポンの本質は、小売店の価格設定を最適化して利益を最大化するためのチャネルを提供することにある。これを支える技術的背景には、情報処理技術の目覚しい進歩がある。


価格設定の最適化

例えば、経営がしっかりしていないホテルの第一の特徴は、価格設定が硬直的なことにある。言い換えると、こういったホテルは平日も休日も全く同じ価格でオファーをしている。例えば、あるホテルが平日も休日も3万円で部屋を提供しているとしよう。これは、平日に泊まるにしては高すぎて、休日に泊まるにしては安い設定だとすると、このホテルは土日だけ稼働率が100%で、平日は稼働せず、一週間の一部屋あたり売上は週末の2日×3万円=6万円だけになる。

ホテルに投資をした場合に、ホテルのアセットマネージャーが真っ先に手をつけるところはここだ。休日の需給と平日の需給は異なっており、それに併せて価格を最適な水準に設定することができれば、空室率は減り、利益を高めることができる。たとえば、上の例であれば、休日を4万円に設定して、平日を1万円に設定するなど、様々な試行錯誤をして価格を調整することにより一部屋あたりの売上を高めることができる(この計算では単純化のためにコスト部分の計算を無視している)。

大手のホテルのほとんどは、このような最適な価格設計をするシステムを導入している。システムで行うことは、過去のデータを基に計量モデルを使って最適な価格を割り出すということだ。でも、このシステムは結構高くつく。単価が安いビジネス、たとえば単価千円くらいで量をたくさん売るビジネスでは、計算しなければいけないデータが膨大になることもあり、導入することができなかった。



情報処理技術の進歩がもたらした単価設定革命

けれど、ホテルの単価設定のシステムが高価であるのは過去の話で、これは早晩変わっていくだろう。その背景には情報処理技術の進歩がある。

97年のPCに比べて、2010年のPCは175倍の情報処理技術を有している。データの計算を行うシステムにかかる価格はどんどん減っていく。単価が安いビジネスであっても、膨大なデータをノートPC一つで計量処理して最適な単価設定を出来るようになる。

けれど、このような単価設定を行えるようになったとしても、この単価設定をタイムリーに知らせる必要がある。毎日毎日計量データに基づいて適切な価格付けをしたとしても、だれもそのことを知らなかったら効果は限定的になる。また、紙のクーポンであれば、それを刷るだけですでに時間が経ってしまい、適切な価格付けが無駄になる可能性がある。



最適化された単価を知らせるチャネルとしてのグルーポン

そこでグルーポンに代表されるフラッシュマーケティングだ。グルーポンは、小売店が設定した単価をインターネットを通じて即時に潜在的な消費者に知らせることができる。情報技術が発達した時代に小売店が行うことができる価格設定の最適化の最後のピースを、グルーポンが埋めることになる。

このビジネスにおいては、プラットフォームを握れるかどうかで優勝劣敗が確実につくことになる。例えば、一度グルーポンが小売店の大半を獲得することに成功すれば、新しくフラッシュマーケティングを行おうとする小売店は他の会社を選ばず、グルーポンを選ぶだろう。こうして、初期的な優劣が後にとんでもない差につながることになる。

だからこそ、今国内では、リクルートを母体とするポンパレと、グルーポン・ジャパンが熾烈なシェア争いを行っている。



100歩離れてフラッシュマーケティングを見ると

情報技術の進歩は、モノの時間を最適化する。在庫はモノの時間を非効率に使っていることと同義になる。特に、ホテルやゴルフ場などの「稼働率ビジネス」においてはこのことは特に当てはまる。(逆に、サプライチェーンにおける在庫はゼロに近づけばよいという単純な話でもない。今回の震災でいくつかの部品が供給不足に陥って、他の製品の生産がストップしそうになったことからもわかるように。)

モノの時間を最適化するためのレバーは価格だ。その価格設定を、この時代に併せて最適化して売るというという行為を促進する仕組みがフラッシュマーケティングの本質のように、個人的には思われる。


Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/05(木) 08:17:21 | | #[ 編集]
Re: 感想
鍵コメントさま

有難うございます。確かにそういうネガティブな側面はあると思います。
とはいえ、今回の記事はどちらかというと、グルーポンがマーケティングにおいてもたらす役割についての考察だったので、とばしてしまいました。。ごめんなさい。
2011/05/06(金) 14:07:05 | URL | 慎 泰俊 (Taejun Shin) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。