Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
自分かわいさを乗り越えて
自分の頭でとことん考えること、それでいて、自説に固執せず相手の言うことが正しいと思ったらそれを謙虚に受け入れることは、意外と難しい。

まず、自分の頭でとことん考えること、というのが出来そうでいて、簡単ではない。メディアや、権威を持った誰かの言うことを鵜呑みにせずに、ちゃんと自分の頭で考え続けられているのか、というと、時々は自分のいうことが誰かの受け売りであったりすることがある。普段から気をつけようとしていても、時間の無さなどを理由にして、どんどん他人の頭でものを考えるようになってしまうことがある。そこに思い込みが入り込むスキがある。

「信じるなよ、男でも、女でも、思想でも。本当によくわかるまで。わかりが遅いってことは恥じゃない、後悔しないためのたった一つの方法だ」と五味川純平は「戦争と人間」で説いた。本当にその通りだと思う。


そして、そうやって自分の頭で可能なかぎり論理的に考えたとしても、人間は無謬ではないので間違える場合がある。人間の身体は細胞レベルでは自己否定を繰り返しながら強くなるが、もしかしたらそれは精神や知能のレベルでも同じかもしれない。人が成長し続けるためには、時々は自己を否定する必要がある。やることは簡単で、自分の誤りを素直に認めて正す。

自分の頭でとことん考えるほど、こういった自己否定は難しくなるかもしれない。というのも、人間はだれしもが「自分かわいさ」をもっているので、自分が一生懸命に考えて至った言説を覆したくはないからだ。また、ある程度自分の考えに自信を持てば持つほど、間違いに気づくまでに多くの言葉を発してしまって、前言を引っ込めるのがどんどん億劫になっていくこともあるかもしれない。場合によってはさらにひどくて、対立意見を持っている人を不当に貶めることで、自分の小さな満足を得ようとしてしまうこともある。でも、成長するためには、自分かわいさを捨てて、自分を否定する必要がある。


自分の頭でとことん考えながら、それでいて、自分かわいさを捨てて、自分を客観視するというのは、自分の頭のコックピットに乗りながら、同時に幽体離脱して自分自身を見つめる感覚に近いように思える。

こういうことを書いているといつも読み返したくなるのが吉川英治の「宮本武蔵」だ。悶々と思い悩みながら悟りに境地に近づいていく武蔵の精神(を描ききった吉川英治の精神)からは、学ぶことが本当に多い。

また、こういうときにいつも思い起こすのは、大学時代の指導教授だった星野先生だ。先生は自分の頭でとことん考えていたので、議論には異常に強くて、僕はいつも負けっぱなしだった。それでいて、自分の間違いに気づいたら、まるで悪いことがばれた子どもみたいに、素直に自分の非を認めて改めていた。このしなやかさが、先生の強さだったのだと思う。


僕は愚かなので29歳にもなってよく失敗する。さすがにもう30歳が見えているこの年で恥ずかしくはあるのだけれど、愚か者なりに前に進むしかないのだと思う。
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/05(木) 05:48:14 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
Keisuke-san

レス遅れてすみません。(鍵コメントは特にレスが遅れてしまいます)
いつも30分もかかっていませんよ。
2011/05/06(金) 14:12:23 | URL | 慎 泰俊 (Taejun Shin) #-[ 編集]
尚更尊敬します。思考は(もちろんこんな単純なものじゃないですが)、Topicに関連する点(散在している知識)を、いかに多く結んでいくか、と考えていますが、Taejunさんは点の数が多いだけではなく、それを高速でリンクさせているんですね。内容はさておき、自分は英語で書くようにしてから尚更時間かかっています。ご教示いただきありがとうございました。

もう1点ですが、IBまたPE業界に入るためには、Taejunさんがもっとも重要とお考えするのは何でしょうか。
2011/05/11(水) 05:08:16 | URL | Keisuke #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> もう1点ですが、IBまたPE業界に入るためには、Taejunさんがもっとも重要とお考えするのは何でしょうか。

必要とされるものが結構違うので、なんともいえないですね。。
あえていえば、根性でしょうか。
2011/05/16(月) 01:07:12 | URL | 慎 泰俊 (Taejun Shin) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/16(月) 07:54:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。