Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
投資銀行やPEへのキャリア
(投資銀行とPEでの仕事は確かにかぶる部分も多いが、ディールの成約が目的となる仕事と、良い投資をすることが目的となる仕事は本質的には異なっているので、投資銀行とPEを同列に並べることはそもそも微妙だったりする。)

外資系投資銀行(正確にはもう投資銀行は存在しないけれど、こう書く)やPEに入るにはどうすればよいか、という質問をブログ経由でけっこう頂く。そして、僕はこの質問に困ってしまう。

僕は大学卒業後2年間フリーターした後に社会人大学院に入り、その傍らで探していた日中のアルバイト先が外資系金融機関で、半年間はアルバイト×大学院を両立させて、その後に正社員になった。PEも紹介会社とかは使わずに友人経由でインタビューを受けて入った。

ということで、僕は外資系投資銀行やPEに入るのにどうすればいいのか、という問に対するスタンダードな回答を持ちあわせていない。学生が就活部をつくって就活のためだけに貴重な大学生活の多くを費やすのは明らかに時間の無駄遣いのようにみえるけれど、それも「シュウカツ」を経験したことがない僕だからいえることかもしれない。

とはいえ、入社したあとに続けていくためにはどうすればいいのかはある程度分かっている気がするので、感じるままに書いてみよう。予め断っておくと、これは僕がいた会社について書いているわけではなくて、友人や後輩の話に基づいて業界全般について書いている。また、最初にも書いたように二つの業界は結構違うものだ。


まず、投資銀行について。PEにつながる部署となると、多分投資銀行部なので、この部門を中心に書いてみる。

投資銀行部は一番時間的な制約が大きな部署だ。ここに入ると3年間は1週間平均労働時間100時間くらいの生活が待っている。月曜日から金曜日まで9時~27時で働いて、週末も10時間働くと100時間だ(季節によって変動がある)。効率的に仕事ができるスマートな人はそれでも人間らしい生活ができるけれど、一緒に働く人が効率的でないと、ものすごい長さの労働時間が必要となる。会社に寝袋を置いている人とかもいる。個人的には、寝る時間を削って仕事をするのは、「下手な考え休むに似たり」を地で行くことになるので、日常的にそうするのはどうかと思うけれど。

ちなみにこれがなぜ労働基準法に違反しないか、というと、高い給料を払われている「プロフェッショナル社員」は管理職とみなされ、労働基準法の適用範囲外になるから、とある人事の人に聞いたことがある。多分、コンサルティングファームも同じだろう。


途中で身体や心を病む人が結構多く、4年間の生存率は会社にもよるが10~20%くらい。できれば3年間頑張ってプロモーションしてから次に移った方がレジュメ(履歴書)が傷つかなくてよいのだけれど、景気が悪いとプロモーション数を減らすことで人員が間接的に調整されるため、自動的に退職ということにもなる。会社にもよるけれど、パフォーマンスが悪かったら新人でも容赦なく解雇の対象となる。

投資銀行部の中にあるPE部門も比較的忙しく、ここは週の労働時間が(時期にもよるけれど)80~90時間くらい。


そういう部門で続けていくためにはいくつかの事がポイントになるかもしれない。

一つ目は、強い心。とにかく労働時間も長くストレスもかかる仕事なので(普通に上司に罵倒されたりする)、そういったストレス耐性が強くないとなかなか継続は厳しい。自分がなぜこの仕事をしたいのかというのがある程度明確になっていないと、途中でくじけてしまうと思うので、モチベーションの源は明確にしておいたほうがいいと思う。

二つ目は、仕事の処理能力。とにかく次から次へと仕事が降ってくるので、すばやく効率的に仕事ができないと、処理不可能な量の仕事がたまってしまってゲームオーバーとなる(ちなみに、「使えるやつかどうか」の判定は入社して半年間くらいでついてしまって、ここで「使えない」という烙印を押されると、その後の挽回は相当に困難になる)。要領のよさと仕事スピードが鍵となる。仕事ができたときに、どうすれば効率的にできるか予めちゃんと考えておいて、最短の方法で仕事ができるようにする。エクセル、パワポ、ワードの順で使用頻度が高いが、ショートカットキーは全て覚えておく(エクセルは95%マウスを使わないで操作する)。

三つ目は、チーム精神。基本的にチームで仕事をするので、チームワークを乱すと結構大変なことになる。また、長い時間ずっと顔を付き合わせて仕事をするので、そのメンバーとの人間関係がうまくいかないと、結構つらいことになる。ここでのチーム精神というのは、プロスポーツチームのそれに似ていて、決して同好会的な和気あいあいとした感じにはならない。


長くなってしまったので、今回はここまで。続きはまたいつか(PEについてはまだまだ自分自身がヒヨッコなので、何が書けるのかすらよく分からないので、数年後になるかもしれない)。

Comment
≪この記事へのコメント≫
テジュンさんは、モルガンで100時間労働をしていたのですか?
2011/06/01(水) 23:36:05 | URL | kagemaroo #-[ 編集]
なかなかですね
週100時間。ぼくなら7時から25時選ぶなあ。普通の人には生かさず殺さずくらい、activeな人がすこし疲れるくらいですね。週130時間くらいになると死んだ方が楽なんじゃないかと思うようになりますよね(笑)。1か月間くらいそのペースで働いたら、ふと過労で倒れることを期待する自分がいました(笑)もっとも忙しい時期、一週間だけ最高140時間(つまりは一週間の睡眠時間が24時間程度)働きましたが、翌週は鬱でした。でも閑期はそんなにでもないので、たぶんそちらの方が忙しいですけどね(笑)
でも忙しいとなんとなくやりがいは感じますよね!たとえかりそめでも。
2011/06/08(水) 00:53:52 | URL | takebe #-[ 編集]
皆様、レスおくれてごめんなさい。。

Kagemarooさん、いえ、ぼくはそんなに働いてませんでした。。

たけべさん、そうなんですね! 元救急医の人とお話ししたことがあるんですが、泥酔もできず、熟睡もできず、大変ですね。。 
2011/06/11(土) 02:27:32 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。