Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
記憶すること
(前回の記事の続き)

さて、震災に関して東京に住む人にできることは何だろうか。現地にいって活動することも素晴らしいけれど、忙しい仕事に追われている人はなかなか休みをとって東北にいったりもできない。

誰にでもできること(けれど意外と難しい)ことの一つは、記憶し続けるということだ。今も家族や財産を無くして、明日の生活に底知れない不安を抱いている人々がいて、現地の復旧・復興のために一生懸命に活動をしている人がいることを記憶し続ける。

辛い記憶ほど、風化するのは早い。それは生きて行くために必要なことだ。だけど、事が完全に過去のものと変わるまでは、覚えていることの必要性はとても高いのだと思う。

何かを覚え続けるためには、一定の時間を割くしかない。人間は行動を習慣化して続けることによって記憶を風化させないですむ。たとえば、「あのことを忘れていないか」ということを日記を書き続けながら問い続ける、といったことをしない限りは、記憶はどんどん忘却のかなたへ消えていく。


それに、現地に行かなくともできることは結構ある。寄付をする、東北のものを消費するといったよく思いつくものの他にも、海外に状況を知らせる、現地で活動をしている団体のウェブ構築、組織体制づくりの支援など、さまざまな活動がある。


そんな、震災のことを覚え続け、すでに活動している人から話を聞きながら、東京でも出来る活動についてヒントが得られるイベントを毎月開くことにした。毎週25日の週に行う予定。

第一回は丸の内のGARBカフェ。6/25(土)で、17:00開場、17:30開始、20:00 終了。会費は、一般参加者は5千円、学生は3千円。内容は、NPO、医学部教授、投資ファンドなど様々なバックグラウンドを持つ4人の方からの15分プレゼンテーション、ネットワーキングイベントなど。

被災地の今を知りたいという人、忙しくてなかなか東北に行けないけれど、何かしたいという人はぜひ。

参加フォームはこちらから: https://ss1.coressl.jp/kokucheese.com/event/entry/12558/

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。