Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
半期報告
今年もあっという間に半年が経過。本当に言葉にできないほどに色々なことがあったのですが、日頃お会いできない方との業務連絡(生存報告)も兼ねて、去年の暮れに約束していたことの半期報告をします。


■本業について
ちょうど今日で2年目に突入なのですが、この1年間に大分知識と経験が増えた気がします。今の会社では、権限を頂いて仕事できることが前の会社以上に多く、権限委譲による成長ということがよく理解できる1年でした。仕事での手応えもちゃんと感じられていて、いい感じです。(当然ながら本業に割いている時間が最も多いのですが、こっちは書ける内容が限られていて何とも味気ないのですがご容赦ください)


■Living in Peaceの活動について
ベトナムでのマイクロファイナンスファンドの募集がもう少しで始まりそうです。僕たちの担当する企画の仕事は大分落ち着きました。

今年の秋に向けて、マイクロファイナンス投資のトレーニングプログラムを作成中です。日本で、マイクロファイナンス投資に関連したMFIの調査、交渉、契約締結、モニタリングを行っているのは、Living in Peaceのみです。これまでの私たちの知見をフルに活かした、マイクロファイナンス投資のプロフェッショナル向けのプログラムを準備しています。

児童養護施設での活動は、地道なキャリアセッションと資金調達支援活動を行っています。キャリアセッションでは進路のこともお話するのですが、現在の主な目的は子どもたちと仲良くなることで、子どもたちが将来ちょっとしたときに相談ができる身近な存在になれたらと思っています。資金調達支援については、本格的にプロモーション活動を考え始めてからもう4ヶ月くらいになりますが、やっと毎月の寄付額が10万円を超えました。毎月の寄付額が50万円を超えてくると、一つの施設の現場を劇的に変えられます。今年の末までの目標は月間100万円なので、ちょっと戦略を他にも考えていこうと思っています。

児童養護施設の本は第二稿が昨日書き上がりました。この本を施設の子どもたちが将来読むかも知れないと思えば思うほど筆が進まない日々でした。ニッケル・アンド・ダイムドの著者はどんなことを感じていたのかなあ、と考えることしきりです。秋には本がでます。

ソーシャルファイナンスの本は第一稿が書きあがりました。世の中で「ソーシャルファイナンス」と呼ばれているもの(いわゆる社会貢献投資は除く)を機能させている原理原則は何で、今後この業界はどうなっていくのかということを書こうとしている本です。もうちょっと揉む必要がありそうなのですが、こちらも年内刊行を目指します。ちなみに、この本は下記の「生きる技術 叢書(下記リンク)」の中の一冊になる予定です。
http://artofliving34.blogspot.com/2011/06/blog-post_24.html



■勉強や運動
英語の本は毎週1冊以上読んでいます。(毎週二冊読むと宣言したものの、Economistを読むことに加え、仕事やら執筆やらその他もろもろかぶっていて、さすがに二冊読むとインプットとアウトプットのバランスがよくないと思い、今は平均して1.5冊くらい読んでいます。) 

9月17日から佐渡ヶ島で206kmマラソンに挑戦してきます。
これを完走するためには、毎週一回は40~50kmくらい走らないといけないらしく、時間調整に苦労しながらやっています。7月と8月が最終調整期間なので、毎週一度は皇居を10週くらいしています。一昨日も42km走りました。

ドラムレッスンは続けています。ライブは、多分できそう。


何か書き忘れている気もするけれど、とりあえず以上。

今日は、三つ同時進行で進んでいる案件が偶然に一段落ついたので、有給で仙台まで来ています。今日が誕生日の小学校からの幼なじみのお祝いをする他、いろいろなところを見るつもり。


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。