Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
IT進歩の次の10年
IT関連の最前線で事業をしている方の連続講演に参加してきた。その内容が非常に興味深かったので、ここでまとめてみる。

インターネットの進歩を支えてきたものは、ムーアの法則だった。これは、「集積回路上のトランジスタ数は18ヶ月ごとに倍になる」という経験則である。1997年から2010年までの間に同じ価格のPCの計算能力は175倍になった。このスピードは一定程度までは維持されると考えられており、次の10年の間に更なるマシンパワーの増大が見込まれている。

人間の様々なアイディアとマシンパワーのギャップが、ここまでのIT業界のトレンドを作ってきた。ITバブルは、人間がITを用いて行おうとしていたことにマシンパワーがついてこられなかったので崩壊した。次のWeb2.0においては、Googleに代表される企業が進化したコンピューターの計算能力を背景に世界中の情報を整理するというアイディアを実現した。近年で一番耳目を集めているトピックはソーシャルネットワークであるが、社会関係のようにデジタル化されていない情報の全てをデータ化するには、マシンパワーが不足するという事態が生じつつあるという。


そのような過程を経て、次の10年に何が訪れるか。一番アツい分野と目されているのが、コンピューターのセマンティック化である。

セマンティック化、とはコンピューターが情報の意味を理解できるようになることだ(Semanticとは「意味論の」という意味の英語)。例えば、室内の温度が急激に上がっている、二酸化炭素濃度が上がっているという情報から、「火事が起こっている」という意味をコンピューターが汲み取れるようになることを、セマンティック化という。

コンピューターが受信するデジタル情報を総合的に勘案して、その意味を理解できるようになるためには、僕たちが想像するよりもはるかに多くの情報が必要となる。たとえば、今テーブルの上にアイスコーヒーがあということを理解するためにも、コンピューターは、位置の情報、色の情報、においの情報、温度の情報、などなど様々な情報を必要とする。

こういった様々な物理量、化学量を測定するシステムのことをセンサーシステムというが、これは今から10年の間に飛躍的な発展を実現すると考えられている。ムーアの法則を背景に、情報処理・流通にかかるコストがどんどん廉価になるにつれ、様々なものに情報端子がつけられ、それら端子が物理量・化学量を測定してデジタル信号をインターネット経由でコンピューターに入力できるようになるからだ。端子が高価で、大量データ送信を支えるインフラが十分で時代にはできなかったことが可能となる。
 
センサーシステムの発達に支えられるコンピューターのセマンティック化は、様々なイノベーションをもたらす。すでに将来が見えているものでいえば、Googleが開発をしている自動車自動運転システムや、震災後の日本で話題になっているスマートシティなどがある。また、センサーシステムがより高度化していけば、それは予防分野にも役立っていくだろう。人間が分泌する化学物質や熱などの情報からその人が現状維持をすると罹りやすい疾患を言い当てるシステムや、テロを未然に防ぐことができるシステムなどが作られていく可能性がある。

すでに生活で役立っている家電の代表格はルンバだろう。MITの人工知能研究者らが創立したアイロボット社は、ルンバ以外にも地雷探査ロボットや爆弾処理ロボットなどを開発している。ルンバにも様々なセンサーがついており、それに基づき、部屋の形を認知して、掃除をかければかけるほどより効率的に掃除を遂行するように学習をしていく。ルンバはどちらかというとセンサーの多くをその機械内に備えているが、今後開発されるロボットにおいては、通信センサーが増えていくだろう。

ここから10年先には、今は人間が行っている仕事の多くをコンピューターが代替する時代がやってくる。それは人間により多くの余暇をもたらすことになる。増大した余暇で人は何をするべきか、人間が今後伸ばしていくべき能力は何か、改めて考え直すことになる時代に僕たちは生きているのだと思う。

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。