Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
走る理由
9月17~19日にかけて開催される佐渡のエコ・ジャーニーに向けて、最近は走りこんでいる。名前はかわいいけれど、48時間かけて206キロを走るという、結構過酷なレース。

24時間連続耐久レースのチャンピオンによると1週間かけてその距離を走れたら完走できるらしいので、8月の下旬と9月の第一週は6日で210キロずつ走る(一日は休息)。今はバングラデシュにいてトレーニングを中断しているのだけれど、ここでは体幹関係の筋トレをして、戻ってから最後のスパートをかける予定。


なぜ走るのか、という質問をよく受ける。約束したから、というのが大きな理由の一つでもあるのだけれど、もう一つは自分と向き合う期間をつくりたかったからだ。

「自分と向き合う」という意味が分かりにくいかもしれないので、実例を。

この前、仕事を早めに切り上げて42km走った。会社から皇居まで1キロ強で、あとは皇居を8周。前日までの走りこみで足は疲れ気味だし、気温は夕方になっても32度。

3周目、ちょうど桜田門を通ったあたりで右膝の外側が痛くなってきた。そうすると、途中でトレーニングを切り上げることを正当化する理由がどんどん思い浮かぶ。

「長い間悩まされてきたランナー膝が、無理したらまた再発するんじゃないか。そうしたら元も子もない。」、「今日は休んで、明日またたくさん走ればよいじゃないか。」、「オーバートレーニングはよくない。こんなに暑いし、無理すると脱水症状になる。」、「『今日は42km走る』って言っちゃったけど、膝が痛いって言い訳すれば、優しいことばの一つでも誰かがかけてくれるかもしれない。」、などなど。


これが、僕が向き合わないといけない弱い自分だ。普通に生活をしていると、なかなか顔を出してくれないけど、土壇場になって顔を出して、色々なものをだめにしてしまう弱い自分。

平常時に強そうに振舞ったりするのは誰でもできる。盛り上がっているときに英雄ぶるのも、すごく簡単だ。でも、本当に鉄の意志を持っていられる人間は相当に稀で、たいていの人は苦しい状況に立たされたらすぐに崩れてしまう。ヘーゲルが一目みたときに「絶対精神が歩いている」と評したナポレオン(彼は、最後の最後まで王者としての誇りを失うことはなかったという)のような人間は、ひとつの時代に一人いるかいないかだ。


自分を偽らず自然体でいたい、もし可能ならより強い意志の力を身につけたいのなら、弱い自分を定期的に直視せざるを得ない機会を設けて、可能であればそれを乗り越えていく必要があると僕は思う。それを続けたら、自分かわいさを少しは乗り越えられるのではないか。

長時間走ることは、自分と向き合ういい訓練だ。なぜなら、僕みたいにもともとマラソンを走ったこともない人間にとっては、このトレーニングは結構きつい状況まで自分を追い込む機会になるからだ。このトレーニングがランニングである必要はないけど、何らかの長い時間を必要とする訓練のほうが良い気がしている。仕事その他の場面で直面する困難の多くは、長い時間をかけて人を苦しめるものだからだ。瞬間的にやせ我慢をして強がるのは比較的簡単だ。


「そのような訓練は仕事を通じて行えるのではないか」、という人もいるかもしれない。稲盛和夫さんは、仕事を一生懸命に行うことが何よりの修行であると話している。それも正しい気がする一方で、意志の強さを鍛えるのに肉体的にきついことをすることには、やはり意味があるのかもしれない。一つは、肉体的につらい状況というのは、精神的に相当なストレスがかかるものであるということ。もう一つは、歩く・走るなどの訓練は、サボりようがないこと(仕事用の資料であれば、サボったことがばれにくいかもしれないが、ある距離を移動する、という課題であれば結果は一目瞭然となるかもしれない)。修行僧たちが、肉体的に負荷のかかる行をしているのには、なんらかの理由がある気がする。

東京に戻ってからの最後の三週間はラストスパート。頑張ります。

Comment
≪この記事へのコメント≫
いつも拝見させていただいております。
がんばって下さい!
2011/08/15(月) 23:30:02 | URL | ganse #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/19(金) 11:40:20 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
有難うございます。頑張ります!
2011/09/10(土) 18:31:30 | URL | 慎 泰俊 (Taejun Shin) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。