Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
もやもや
まだ心にひっかかっているけれど、気付きを文章にするのはとても重要なことと思うので書いておきたい。

Living in Peaceでは、月に一度、児童養護施設の子どもたちと「キャリアセッション」という名目で色々な活動をしている。一つの目的は、子どもたちの自立の手伝いで、今回は子どもたちと一緒に料理教室をした。(施設退所者に対するアンケート結果によると、児童養護施設で学べなかったけれど学びたかったものには、炊事など生活全般のことが挙げられている。)

個人的には、このセッションを通じて、いつか子どもたちが施設を退所して何か困ったことがあったときに、気軽に相談できる大人が少なくとも1人いる状態ができたらいいと思っている。先にアンケート結果でも、児童養護施設を退所した子どもたちの一番の悩みは孤独感だという。とはいえ、「ちょっとしたときに相談できる大人」になるだけでも結構な時間が必要で、コツコツと地道な活動が重要になる。全く派手でないし、「スケーラブルなんですか?」と言われたら、「一人が本業の傍らで関係を作れる子どもの数は3人くらいだろう」と答えるだろう。それでも、1万人が同じ事をすれば解決する。


少し前に、LIPの児童養護施設の子どもたちとの活動中に取材があった。メディアを通じてものを伝えるためには、写真はとても強力なツールになる。より多くの人に見てもらうためにも、写真を撮ろうということになった。

でも、児童養護施設の子どもたちの写真をメディアに掲載することはできない。微妙な角度の横顔はさておき、正面から一緒に写真を撮ることはできない。だから、撮影時もLIPのメンバーの顔が写り、子どもの顔は横顔だけとなる構図で撮影が進む。

まだ幼い子どもたちは、「なんで僕たちの顔を正面で取れないんだよー」と少し不満気味。
これに対する、高校生の子の一言が肺腑をえぐる。

「だって、私達、施設(にいるんだ)だからさ。」

なんでこうやって事ある毎に自分の境遇を悲しまざるを得ない場面に遭遇しなきゃいけないんだろう。別に取材に限ったことじゃない。子どもたちは普段から「周りの子どもたちと違う」という状況に直面する。たとえば学校でもそうだ。入学式。運動会。授業参観。卒業式。親が来てくれない現実に、自分の置かれた境遇を思わざるをえない。


取材を終えたあとの後味の悪さといったらなかった。ごめんなさいという資格もなく、まだ言葉にはよくできない罪悪感が残る。これを無駄にしないためにも、頑張りたい。

Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/25(火) 22:45:10 | | #[ 編集]
いつも励まされてます。
慎さんの行動にいつも励まされています。僕は、今、ロースクールを目指して大学に通いながら週1回、児童養護施設で学習支援のボランティアをやっています。僕がこのボランティアを続けられているのは、慎さんのツイートや色々な活動に刺激を受けているところが大きいです。どうぞ、いつまでもトップランナーとして皆の前を走っていってください。僕も、自分に出来る限り、慎さんの後ろを走っていきますから。
2011/12/16(金) 01:46:21 | URL | from Osaka #dvUYBDnY[ 編集]
遅れてしまってごめんなさい。コメント有難うございました。
法曹になるまで大分長い道のりだと思いますが、頑張ってください!
2011/12/21(水) 07:26:30 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。