Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
走れ手順。
 手順は激怒した。 必ず、かの邪智暴虐の役人を除かなければならぬと決意した。手順には車の運転の仕方がわからぬ。 手順は、一介のドラマーである。
 ドラムをたたき、野良猫と遊んで暮して來た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。

 母が車を路上においていた科で、役人に咎められた。
 母は、偶然免許証を持ち合わせていなかった。
 家に忘れてしまったのだ。
 
 母から、手順への火急を告げる連絡が入る。
 家に向かい、母の運転免許証を取り、麻布まで来てくれと。
 
 制限時間は、時計の針が12時を打つまで。のこり40分ほどしかない。
 家までは、数百メートル。 そして、家から麻布までは、8キロほどの道のり。

 タクシーが走っているし、家には備え付けの自転車もある。 しかし、ドラムをたたき、野良猫と遊んで暮らしてきた手順には、そういった文明の利器を用いる考えがついぞ浮かばなかった。

mori.jpg

 Tシャツにハーフパンツ、タオルとi pod shuffleを首に巻き、エアマックスを履いたいでたち。

 そして、全力で

 海岸通りを走る。

 品川駅前の人ごみを走る。

 白金台の坂道を走る。


 交番の時計の針が丁度12時を打つ寸前、手順は疲労困憊しつつも交番へと。
 間に合ったのだ。

 安堵のため息とともに、その場にへたり込む手順。 
 充実感が、身体にはみなぎっている。

 幸い、殴り合いイベントは、発生せず、帰路に着く。 
 

 あ、帰り道も、走るのか・・・ 
 やっと気付いた手順。

 後悔、後先に立たず。 


--------------------------------------
 数日前の、昼下がりの出来事。


 ※参考文献
 「走れメロス」、太宰治 著
Comment
≪この記事へのコメント≫
ビミョーにおもしろい。
てか、写真は尾瀬か?
2005/07/10(日) 21:33:28 | URL | a Go #YqzQT8Bs[ 編集]
 そうです。 尾瀬ですよ☆ 
2005/07/11(月) 01:18:50 | URL | 手順@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。