Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
起業をしない理由
最近よく「なんで起業しないの?」といわれる。必要に応じてそれらしい答えは返すのだけれど、何か、その時々によって回答がフラフラしていてよくない。だから、ちょっと考えて書いてみることにする。起業をしたこともない人間が起業を語るのは奇異だが、少なくとも起業しない理由については語ることができるだろう。

第一の理由。僕のリスク許容度は低い。「一定期間給料なくたって大丈夫」、「2年くらいやってうまくいかなかったらまた就職すればいい」とはいかない。


第二の理由。今の僕には何も起業のイメージが見えていない。

未経験者が空想で語っているようで妙だけど、僕は、起業は主観的には神の啓示によって行われるものだと感じている。(他人の目から見たらどうあれ)うまく行くことは既に自分にだけは明確に見えていて、その意義に納得できて、かつ何かに導かれているような感覚が見えたら、僕も起業をするんだと思う。上述の第一の理由と相俟って、僕にはうまくいくかどうかよく分からないような段階で起業をしようという思いはあまりない。

少し事情は違うけれど、村上春樹も作家として身を立てることについて確信がとれなかった時期はジャズ喫茶を経営しながら仕事後に原稿を書いていた。


第三の理由。あまりこだわっていないから。

少なくとも、僕が尊敬する人々は、起業をしようとかどうとか、そういうことは大して考えないだろう。起業するか雇われの身になるかは、ものの一つのあり方でしかなくて、そこにこだわるようには思えない。僕が尊敬する人々の頭の中にあるのは、なんとかしたい課題と、それを解決するための最善の方法だけだろう。

これまでで感じるのだけれど、僕が情熱を本当に持てることは、より多くの人々に等しく機会の平等が与えられることみたいだ(基本的人権が守られているというのを所与として)。そのために、今のようにファンドの仕事を通じて企業の成長のお手伝いをしつつ、目の前にいる人のためにNPOをするのが現時点では最善の答えだと思っている。時々フルタイムでNPOをやったほうがよいかもしれないと思うことはあるけれど、少し時間をかけて考えると、現在の形が一番だという結論に至っている。将来(もしかしたら数カ月後レベルで)この考えは変わるかもしれないけれど、その時はその時だろうと思っている。
Comment
≪この記事へのコメント≫
taka
でも、あなたが起業しないでだれが起業するん
2012/01/27(金) 23:17:31 | URL | taka #-[ 編集]
有難うございます。
買いかぶりすぎだと思うのですが、別にしないとは言っていなくて、するかしないかという二分論そのものにどれくらい意味があるのだろう、と思うわけです。
2012/01/27(金) 23:19:31 | URL | Taejun #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/02/06(月) 18:58:21 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。