Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
人間の学びに関するメモ
こういったものは、ほとんど英語ブログに寄せているのだけれど、久々に日本語でも書いてみる。人間の学びに関するいくつかのメモだ。


1.人間は追体験によって多くを学ぶ。

人間の学びは、経験と追体験から得られる。もちろん経験が重要なパートを占めるわけだが、人間の学びの多くは追体験から得られる。ここでの追体験というのは比較的広い意味で用いられていて、物語を聞かせてもらうことから始まり、自動車の運転まで様々だ。

人間の学習が経験だけに依らない一つの理由は、経験だけで学ぶことのコストが時に非常に高いからだ。例えば、飛行機の運転を経験だけで学ぼうとしたら、習熟するまでに事故死してしまう可能性が高い。

ナポレオンは歴史を非常に熱心に学んでいた。そのため、彼は指揮官として戦場に立ったとき、ほとんどの状況をパターン認識して的確な指示をだすことができたという。これも一つの追体験を通じた学びの効果を示す事例だろう。


2.人間の学習にはサイクルがあり、それは動機と認識能力(言語能力)に依存する。

学びのサイクルをモデル化すると、それは、情報を受け入れ、覚え、実施し、モチベートされるプロセスから成ると考えられている。抽象化されたモデルを通じた学びはイノベーションのドライバーでもある。

特に動機づけのパートが、このプロセスの回転率を高め、学びを早める要因 になるが、動機づけには三種類がある。経験から得られるもの、追体験から得られるもの、自分自身から得られるもの。最初の二つは外的要因によるものだが、最後の一つは個人が自分に対して設定する基準に依存している。その基準の水準は、親が高い規律を自らに課し、それを重視し、甘やかさず、他人との過度の比較を行わない場合に高くなる。すなわち、簡単に自己満足せず、前に前進し続ける人を育てたければ、親がそういう人間になるしかないというわけだ。

また、このプロセスは人間の認識能力に依存しており、その認識能力は言語に大きく依存する。言語なしには、情報を取得し、再構築し、また評価することは難しい。全ての経験や追体験から得られた情報は、認識能力が無いとすべて通り過ぎてしまう。


3.人間の成長は、本人と外的環境の相互作用によって決定される。

人間の学習は外的環境によって完全に決まるものではない。人間の行動そのものが外的環境を変えうるものであり、相互決定主義が人間の成長における外的環境の影響を記述するのに最も妥当であると考えられている。人間は環境の完全な奴隷ではなく、それそのものを能動的に変えていく可能性に対して開かれている。


Reference:
Albert Bandura,"Social Learning Theory, Prentice Hall; 1st edition (1976/11/1)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。