Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
コーディネート力
事の始まりは、今の勤め先の面接に遡る。

僕:「モデル作りなら誰にも負けないと思います。」
相手:(ため息をついて)「そういう、エクセル早いですとかって、この仕事じゃあまり重要じゃないんだよね。全体のコーディネートをどうやってするかが大切なの。」

仕事を始めるようになって、この言葉を思い知るようになる。


今の仕事を通じて知った、実務上の一番大切な能力の一つは、全体のコーディネート力、とでもいうようなもの。PE(Private Equity)以外のプロフェッショナルファームでは、こういった能力を使う機会は意外と少ないかもしれないので、いまいち伝わりにくい気もするが、ちょっと書いてみる。この能力は、パートタイムでNPOをする上でも、本当に大切な能力だと思う。

PEの投資プロフェッショナル達が一つの案件をするとき、自社チームの人数は5人くらい(会社によっては大量に人を貼り付けるが)。このチームだけで投資先のデューディリジェンス、株主や経営陣とのやりとり・交渉、株式取得に関する諸々の手続き、ファイナンスづけなど大量の作業をすることはリソース的にも、知見的にも不可能だ。

だから、大勢の人々と一緒に仕事をすることになる。具体的には、弁護士、会計士、税理士、戦略コンサル、投資銀行の人々と仕事をすることになる。案件の大きさにもよるけれど、この協働する人々の人数は30人にはなる。しかも、皆それぞれの分野の専門家で、「自分よりはるかに物事をよく知っている人」との仕事になる。

こういった仕事をするためには、自分たちよりもはるかに大勢で、かつ専門性を有している人々と働く能力を身につける必要がある。それがコーディネート力で、必要なタイミングで必要な外部リソースの助けを借りつつ、その支援者がもたらしてくれる知見をしっかりと理解して次に進める能力とでもいえるだろう。コーディネート力を身につけるためには、相手の言うことを理解できるに必要な知識と、全体感を持つことが重要になる。

こういった能力は、自分の本業でもすごく大切な能力なのだけれど、自分がパートタイムで行っているNPOでも必要な能力だとつくづく思う。NPOの中にいる人々だけでできること、出せるアイディア、ソリューションには限りがある。その限界をしっかりと認識して、外部リソースとの連携をうまく活かして、所期の目的を達成するためのコーディネート力を発揮してこそ、最大の成果を出すことができる。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。