Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
正しい文章の書き方
正しい文章について考えていることを書いてみたので、こちらにも転載。
とはいえ、大した新規性はない。

------------------------------------------------

I.なぜ正しい文章を書く必要があるのか
これにはいくつかの理由があります。
 第一に、正しく物事を伝えるためです。特に、仕事上の重要な文章では、正しく物事を伝えることの重要性は高いです。ラブレターとかでも多分同様です。
 第二に、自分の思考能力を高めるためです。人間は言語化できる程度においてしか物事を理解することができないといいます。また、人間の言語能力と思考能力の相関は多くの人が説くところです。
 第三に、第二点とも関係しますが文章能力を磨くことによって、人は、世界と自分自身をよりよく理解できるようになります。そして、人間の精神も成長します。


II.どうやったら正しい文章を書けるようになるのか
僕もまだ完全に正しい文章を書ける人間ではないですが、少なくとも文章を書くのが得意な部類に属していると思います。その立場から、経験上感じているいくつかのTipsをお伝えします。

・記者ハンドブックを熟読する
読んだことがない人は、この本のP503〜P521を5回読んでください。普段から手元において、自信がないときはこれを見てください。

・てにをは
基本ではありますが、「てにをは」は何度も見なおして直すようにしましょう。

・単語選びは慎重に
単語は世の中のモノや現象・概念と一対になっています。何かを説明する際に、どのような単語をあてるのかによって、文章の意味は大きく異なってきます。ひとつひとつの単語を用心深く選択しましょう。

・可能な限り短く、かつ曖昧さを避ける
曖昧さが無いのであれば、字数が短いことを優先させます(例外もありますが、これを基本とします)。能動態で動詞が多い文章ほど短く明確になります。また、指示語全般は曖昧さを避けるために必要である場合が多いです。

・主語と述語は一致させる
主語と述語は一致させましょう。分からないときには、全ての修飾語を取っ払い一番短い文にして、その意味が通じるかを見てください。
 悪い例:「A社は1.44%と競合他社の中で最も高い水準となっており」→全ての修飾語を外すと、「A社は高い水準となっており」で意味が通じません。

・接続表現を大切にする
接続表現を丁寧にしましょう。文章のひとつひとつはレゴのブロックのようなもの。それぞれのブロックを、接続表現を通じて論理的につなげることで、初めて文章は意味のあるものになります。文の論理的なつなげ方を読者に任せるのは、そのつなげ方に疑いがない場合に限られるべきです。特に文章の流れを転換する場合には接続表現を外してはならない。また、よく見かけるのが「しかし」と「ただし」の誤用です。接続表現がよく分からない人には「論理トレーニング101題」を強く推薦します。

・So whatに答える
文を書くときには、「だから何?」という質問に答えられるようにしてください。良い文章には読者との対話の精神があります。常に「だから何?」に明示的に答える必要があるとは思いませんが、読者が「だから何?」と思いやすそうな文については、予め答えを書いておきましょう。

・Why soに答える
いわゆる「ロジカルに書く」というものです。いくつかの文章の組み合わせによってもたらされる結論に説得性を持たせて、「なんでそうなの?」という問への答えを見出してください。
 なお、完全にロジカルな文章であっても、場合によっては「Why so?」の疑問は出てきます。それも踏まえて、もし結論が少々難しいものであれば、いくつか補足的な説明を加えてあげたほうが親切です。
「So what?」と「Why so?」に答えられる文章を書きたい人には、バーバラ・ミント「考える技術・書く技術」、照屋華子の「ロジカル・シンキング」をオススメします。

・複雑な文を避ける
よい文章においては、一文が長すぎず、その一文の主張が明確です。複文で分かりにくい場合には、文章を二つ以上に分解しましょう。

・知識をつける
場合によっては、背景知識が希薄だと、良い文章を書けないことがあります。必要に応じて学ぶことにしましょう。
 また、良い文章を書く人は、ほとんどが読書家です。本をたくさん読んで、それらの文章を盗むようにしましょう。

・誰でもできる、日々の練習のみ
結局のところ、これを読んでも、私たちの文章能力は向上しないでしょう。というのも、文章を書くのはトレーニングで、日々の研鑽の賜物だからです。
 ブログを書いたり、仕事で文章を書いたり、私たちは常にモノを書く機会に恵まれています。これら機会を活かし、いつも幾つかのポイントに気をつけながら文章を書くことで、誰でもいつか良い書き手になれる日が来るのだと思います。
 殆ど全てのものについて共通ですが、通常、上達に平坦な大道はありません。そして、その険しい小道をよじ登る労苦を恐れない人々だけが、その輝く頂上にたどりつく幸運にめぐまれるのです。(カール・マルクスのもじり)


以上です。
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/23(月) 18:20:47 | | #[ 編集]
 あえて追補一つ。「セクシーな文章を書くこと」。
 論理性を欠いていても、迫力のある文章にはついつい説得されてしまうことも多いです。本当に言いたい事、これさえ言えれば死んでもいいってくらいの、情緒的なものも重要なのかも、と最近は思ってます。
2012/04/25(水) 03:35:40 | URL | まつおようへい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。