Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
自意識を捨て去り、自己解放を。
9月16日の舞台に向けて、演劇の練習が開始している。
 一日約三時間。

 予想はしていたものの、自分に対するだめ出しの回数が途方も無く多い。 そりゃ、バンドでも練習を一月半してライヴに出る素人なんか、普通、ありえない。 自分ひとりに対するコメントが、全体の半数以上を占めていて心苦しい限りである。
 
 演劇をするにあたって一番大切なことは何か。
 皆が言う。 それは、「自己の解放」なのだという。
 自分が持っている自意識を捨て去って、役そのものに自分をシンクロさせること。 そうすることにより、いい言い回しやいい動作を出来るようになる。

 この、「自己の解放」というのは、演劇だけでなく、何かをやる場合にかなり重要な役割を果たしてくれると思う。 自意識を持たない境地。 本当の他者貢献や奉仕をするにあたって、とても重要な心持だと思う。 考えてみれば、偉大とされる人々は、この自意識をうまくコントロールしている。 ガンジーやゲバラの人への思いやりには、自意識が殆ど無い。 だからいやみも無いし、人々の心を打つのだと思う。

 NGをもらいまくる状況は嫌いで無い。 そういう状態にあるときにこそ、人は成長するのだから。 あと、一月と少しでどこまで自分を発展させられるであろう。 今から楽しみになってきた。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。