Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
東京タワー。
 第二東京タワーの第1候補地が墨田区に決定(詳細)した事と関連してか。


------------------
<社会>旧東京タワー、解体へ 

 3月31日の午前12時、日本放送協会(NHK)と在京民放5社からなる「在京6社新タワー推進プロジェクト」の関係者らが、第二東京タワーの建設に伴い、現在の東京タワーを解体することを発表した。
 同タワーは、東京のシンボル、観光名所として知られている。333mという高さは設計当時、関東圏半径100kmへの電波の供給、耐風、耐火、耐震などの安全面を検討して決められたが、施設の老朽化による地震時の倒壊のおそれが懸念されていた。
 解体は、今年の夏に着手する。 その際に、建設に用いられたボルトの販売を予定していると、関係者らは同時に伝えた。
 
           (朝曰新聞) 4月1日 17時15分更新
-------------------

 
 家から、自転車で遠出する際、東京タワーの脇を通ることが多いが、実際に行ったのは、たしか2度だけである。 最初に登った時、エレベーターのスピードがとても速くて耳が痛くなったのを覚えている。
 ゴジラなどで、真っ先に壊される代表的な東京の建物であった。 東京タワーは、大阪の通天閣と設計者が同じらしい、と、マンガのこち亀に書いてあった。 また、どうしても、320メートルのエッフェル塔よりも高くしたかった結果、高さ333メートルになったのだという。 ただし、昭和33年に完成したのは、ただの偶然との事である。

 
 それほど愛着があるわけでもないが、やはり、うら寂しい感じがする。 ボルトの一つでも買おうか、と考えている。 あと、解体前に東京タワー関連グッズの売上の激増が予想されるので、今のうちに、制作会社の株でも買っておこうか。


 



 さてさて、記事の日付と、新聞名をよーく見てみよう。

 まあ、1年に一度は、こんな日があってもいいでしょう。 
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。