Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ダ・ヴィンチ、レスター手稿についての考察2。 なぜ、彼はこれを書いたのか?
 前回の続きを書こう。


 3.なんでダ・ヴィンチはこんな手稿を書いたの?

 彼が何を書いたのか、ではなく、なぜそれを書いたのか? 僕が一番知りたかったことはここにある。 人類最高の天才の一人といわれるこの人の考えの集大成が、なぜ、このようなノートとなったのか? それが知りたかった。 なぜなら、それを少しでも知ることが出来れば、「彼が現代に生きているのであれば何を考えるのであろうか」について、一定の推測がつくからである。 
   
 ダヴィンチが、なぜ、自然の観察を行ったのか。
 それは、彼が表現者として、より徹底した表現を行いたかったからにほかならないと思う。 そのために彼は、時には人体を解剖するなどの、当時の人からは狂人扱いされるようなことを行った。 実際、ダ・ヴィンチの評価の殆どは彼の死後のもので、生前は奇人の一人と看做すむきが強かったのだという。
 そういう意味で、彼にとって芸術とは、他の何よりも科学的な知的営みだったのだと思う。 
 

 さて、エントリーの本論。 なぜ、レスターノートの内容はあのようなものとなったのか、について考えみた。
 天文学、流体力学、地球物理学と単純に分類するだけでは、皮相的な答えしか帰って来ない。
 パンフレットを購入し、日本語に完全に翻訳されている6ページと、他のページの概要を読むと、ダ・ヴィンチがレスターノートに記した内容は、他の意味で共通点を持っていると、僕は考えた。

 それは、彼がこの手稿を完成させる以前に行っていた人体解剖などでは解明できない事でありながら、彼の表現活動を完全なものとするためには欠かすことが出来ない分野だった。 僕が思うに、それは: 
 ・人が何かを「見える」ということについて
 ・人の体内の循環について
 ・人の声、感情の波紋について


 の3つ。

 どれも、死んだ人間や生きている人間を観察しても解明することが難しい分野である。
 
 レスター手稿の内容を詳しく見てみると:
 ・天文学~天体に関しての考察よりも、「光」に対する考察が、それが見えるか見えないかや、光の反射などに関する考察が、その多くの分量を占めている。
 彼の描く目は、これらの深い洞察に根付いたものであったのだと、僕は感じた。
 
 ・地球物理学~地球の組成の内容そのものよりも、地球内部の物質の循環、特に、水の循環に関する考察に多くの紙面が費やされている。 彼は、地球を一つの生命システムと考え、それを人体や他の生命体のそれと類推していたのだと思われる。 彼はこのように記している。
 「大地には植物的な活力が宿っている。 大地それ自体が肉体なのである。地球の軟骨は凝灰岩であり、その血液は水脈であり、心臓の内部にあるべき心室は海洋である。 生物の鼓動が手首を通る血液の脈拍であるのと同じく、地球の鼓動は海の潮の干満である。 この世界の生命の熱は日であり、それは地球に活力を与えている。 その生命力を宿す水が、温泉、硫黄の鉱山、火山など、地球のさまざまな場所で呼吸している。」
 唯一の生きたままその循環の姿を見ることが出来るものは、地球しかなかった。 それを観察することにより、彼は他の生物の循環を考え、それらをより生き生きと表現しようと考えたのだと、僕は考える。


 ・流体力学~彼が考察を続けているのは二つ。 流れと波紋である。 風の流れや、人の感情の流れは目に見えないが、水のそれは見ることが出来る。 彼は、風の流れや人の感情の流れは水の流れから類推できると感じたのであろう。 これらに対する詳細な考察が、絵画ににじむ人の感情の機微はもとより、彼の飛行機の考案に結びついたことは、想像に難くない。 彼の多くの発明や考案は、彼の天才ゆえの思い付きではなく、地道な観察から得られた知見に基づく当然の帰結であった。
 また、人の声の響き、人の感情の共鳴なども、水に落ちた水滴が生む波紋から類推できると考えたのだと思う。 これは、美術館内で放映されているビデオにおいても同様の内容が言われていた。

 
 直接見ることが出来ないもの、それらを、類似したものを観察する事によって、類推しようとした。 ダ・ヴィンチには、学術の分野ごとの垣根は存在しなかった。 彼にとって存在したのは、人と世界を知り、それを表現しようと言う意欲だけだったと、僕は思う。
  

 僭越だが、僕が日ごろ感じていることと、近しい感覚を感じた。 ※ちょっと前のエントリーをご参照。↓  
http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-252.html
 
 といっても、ダ・ヴィンチの考えが僕のそれに近いわけでなく、僕の考えが彼のそれに近いのだということを勘違いしてはいけない。 ケインズが言っていた、「ほとんどの経済学者は過去の経済学者たちの奴隷である」(原文ママではない)、といった内容の言葉を思い出す。

 あと、もう一つ、類推の持つ危険を忘れてはならない。 似たものを観察する事によって得られた知見を他のものに適用することは、時に誤りをもたらす。 レスター手稿を見ればわかるように、ダ・ヴィンチ自身も同様の誤りをおかしている。 例えば、「月には水が存在する
」などの。


 現代においては、学問や芸術分野の深化がすすみ、それらの間の統合がより難しくなっていると思う。 アインシュタインでさえも、「力の統一理論」の完成に失敗している。
 単一の理論で社会現象を理解できるというのは、もはや不可能なことであると言うのが通説化している。 他ならぬ僕自身も、社会現象を一つの哲学や思想などで評価するやり方に、大きな危険を感じている。

 しかし、全てのものは、人が作ったものなのだから、根本に「何か」があるはずだと僕は思う。 それは、「一にして全、全にして一」のようなものだ。 僕は、自分が生きている間にそこに少しでも近づければと、願ってやまない。 
Comment
≪この記事へのコメント≫
トラックバックありがとうございました。

こちらを「ブログヘッドライン」の推奨ブログにノミネートさせて頂きました。許可頂ける場合は、下記のページをご確認のうえメールでご通知ください。
http://www.blog-headline.jp/committee/

当サイトの推奨ブログ一覧にリストアップさせて頂きます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ブログ生活向上委員会(ブログ・ヘッドライン)

 〒101-0021千代田区外神田3-13-2リナックスビル3F
(株)フォーナイン・ストラテジーズ(実現屋)内
           http://www.blog-headline.jp/
            mail:comm@blog-headline.jp
           
■■■■■■■■■■■■■■■■■99.99■■■■




2005/10/16(日) 18:53:58 | URL | Blog-Headline #OWYBpqw2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
森アーツセンターギャラリーで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』天才の予言「ダ・ヴィンチノート」(直筆ノート「レスター手稿」日本初公開)に行って来ました。今回の展覧会を観に行く前に、池上先生やイタリアのダ・ヴィンチ研究家の面々が集ったシンポジウムを運良
2005/10/12(水) 20:31:32 | 弐代目・青い日記帳
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。