Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
小泉首相、五度目の参拝。
 小泉首相、5度目の靖国神社を参拝。 今回は記帳は今までとは違い、私費の献花料も支払わず、本殿への参拝もしなかった。
 ただ、以前から参拝を促していた東アジア各国からの反発は、かなり高いレベルで予想される。

 参拝の憲法上の問題については、大阪高裁の判決に際して、以前に書いたので、こちらをご参照あれ。
 http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-249.html  


  「総理大臣小泉純一郎としてではなく、一人の国民として参拝した。二度と戦争を起こしてはならないという不戦の決意で祈った。今日の日本があるのは、心ならずも戦争に行かれた方々のお陰である。アジア諸国との関係を重視し、未来志向で進めたい」
 彼の真意が、言葉の通りだとしても、、
 小泉さん、残念ながら、伝わりません。


 なぜここまで問題がこじれるかについて、メカニズムを考えてみる。

 
  
 政治家は、基本的に国民の感情や意識を鑑みて発言をする。  
 さて、その国民の感情や意識は、自然発生的なものなのか?
 残念ながらそうではありえない。 皆、知らず知らずに何らかの影響を受けているものである。 その影響を与える最たる存在は、メディアであるのは、周知の事実。 現代社会でもし、中立になりうる人間がいるとしても、それは、本当にわずかな人々であると思う。

 ノーム・チョムスキーは、「メディアは同意の大量製造(manufacturing concent)装置である」と語った。 その「同意」の方向は、どんな方向にでも作用する。 近い例では、アフガニスタン戦争前のアメリカにおける戦争支持など、その他国民の意思の一致のために用いられてきた。 今回の例も、それに漏れない。 各国の意図を反映し、報道には必然的にバイアスがかかるであろう。

 
 上記のように、もともと、政治問題に関する報道にはバイアスがかかるのに、かてて加えて、靖国神社の問題は、過去の植民地支配の問題と密接に関わっている(これについても、上に張っているリンク参照)。 これで問題がさらに根深くなる。 

 過去の支配者、被支配者、いうなれば、加害者と被害者の感情には、避けがたいギャップが存在する。 これがさらにバイアスをかける。 これは、今までの、東アジア各国の植民地支配の研究一つにも如実にあらわれている。
 そして、残念ながら、今まで、そのバイアスは埋められてこなかったと、僕は思っている。 もし、埋めようと努力する人がいたとしても、それが結実していないのは事実だろう。 議論をしても、ほとんどが一方通行。 互いに互いを理解しようとする建設的な対話が足りないまま21世紀を迎えてしまった。 上記で述べた感情の問題がそれを難しくしている一因だと僕は考える。 
 
 以上を鑑みると、
 問題は、より一層激化するだろう。 東アジアの諸国で手を取りあって発展していかなくてはいけないのに、残念でならない。
 
 東アジアの首脳たちで、朝まで生討論でもしてくれないかな、と、ひそかに願っていたりする。
 問題は激化するだろうが、質量法則よろしく、今回の参拝が新たに建設的な対話をうむ局面へと移行する契機となる事を願ってやまない。
Comment
≪この記事へのコメント≫
ええと、違憲判決というと例の高砂族のアレでしょうか?でもあれって台湾国内でもかなり賛否の分かれるところだと聞いてるんですが?その、法律判断やイデオロギー分析も結構ですが、その材料となる現実においてかなりの偏向が前もって存在すると、コレを処理するのはややこしいなと思うんですよ。

その、共通の歴史認識よりも共通の歴史不認識を認識することから始めたほうが、建設的かなと思うんですよね。しかも、外交というリアルな政治の問題にイデオロギーや歴史観を持ち込むと収拾がつかなくなると思うんですね。私は小泉首相の「思い」はかなり的確だと思うんですけど、どうも実施される時点でおかしな具合になるのが歯がゆいです。

誰か、あの御仁の周辺にまともなアドバイザーがいないんですかね。
2005/10/17(月) 17:13:13 | URL | 名無しのひと #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ、最近しばしばあらわれるどこか怪しい通行人の高嶋です。
郵政民営化の件といい首相もなかなか頑固なお方です。
と、神社などは参拝しようがしまいがそれが直接に物理的ななんだかな作用をおこすことはありません。
ですから実は中国、韓国とも誰がどこの神社にいこうがどうでもいいはずです。
ただ、日本はうまいぐあいにあげあしをとられているといった気がしますがいかがでしょう?
いまだにやはり大陸の方が一枚上手のようです。
そういえば今回の件で新幹線の件もあわになるかもしれないそうですね。
せっかく両国の経済によい案件がすすんでいるところを、個人のちょっとした行いからアワになってしまっては日本は再び世の笑いものでしょうな。
さて、中国側は別に「新幹線」じゃなくたっていいわけです。
臨機応変に対応しないといつまでたっても日本は下手な踊りを踊り続けるハメになるでしょう。
2005/10/17(月) 20:23:12 | URL | 高嶋 #-[ 編集]
>名無しの人 さん
 コメントありがとうございます。

>その、共通の歴史認識よりも共通の歴史不認識を認識することから始めたほうが、建設的かなと思うんですよね。
 
 相互理解のための土台作りの方法としては、いいなと思います。 まず、外枠を埋めていくといったイメージですよね。

 
>外交というリアルな政治の問題にイデオロギーや歴史観を持ち込むと収拾がつかなくなると思うんですね。
 
 収拾をつけるのは本当に難しいと思います。 されど、今回の問題のみならず、世界中を見ても、政治の問題とイデオロギーや歴史観を分離するのは、当分不可能かな、と感じています。




>高嶋さん
 コメントありがとう。


 >ですから実は中国、韓国とも誰がどこの神社にいこうがどうでもいいはずです。
 ただ、日本はうまいぐあいにあげあしをとられているといった気がしますがいかがでしょう?

 経済的にはどうであれ、感情のレベルでは、どうでもいいことじゃないのでしょうね。 それでも、多くの東アジアの国々の、特に戦争を知る世代の人にとっては。 この「どうでもよくないこと」の内容について、どういった線引きをするべきなのかは、これからも考えていかなければいけないと思います。

 



>ぶり先輩
 貴重なコメントありがとうございます。


 >責任の所在は?
 >対等にものをいえる立場であると?
 
 責任の所在というのは、植民地支配の責任ということですか? それに関して言うのならば、当時の世界情勢がどうであれ、当時の日本政府に責任はあると思います。 たとえ、「食わなければ食われる」のが、当時の状況であったのであれ。 (蛇足ですが、当時のその状況を作り出した国々に殆ど批判の矛先が向かっていない今の状況が不思議でしょうがありません。)

 けれど、責任があるということと、対等にものを言える立場といえるかどうかは、また、別の問題だと思っています。 けだし、たとえ「責任を徹底的に認めて謝罪すること」が、対等にものを言える立場につくための前提条件だとしても、まずは、その責任について、対等な立場で話し合わなければいけないのですから。 
 


 >契機なると思っていってるの?それともなるはずがないと思っての皮肉?
  
 誤解を恐れずに言いますが、契機になると願っています。 ここまで東アジア各国が念押しをしている状況で強行したのですから、もっと事態は激化すると考えています。 そうするといよいよ、靖国の問題を含めた植民地支配の諸問題について話をつけないと、各国の関係がにっちもさっちもいかない状況になると思うんです。 

 

 >そもそも戦争被害者にとって、参拝がどれだけ暴力的な作用をもたらすか、想像したことがある?
 
 想像がどれくらいリアリティをもてるかは別として、一生懸命想像したことはあります。 4年前、足尾や松代に行った時でした。  このコメントを読みながら、その点について考えが浅かった、と、反省させられました。 ありがとうございました。
2005/10/17(月) 23:38:40 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
イデオロギーも靖国の賛否にも公的か私的かにも関係なく疑問を呈する質問の仕方があります。それは何故靖国《だけ》に行くのかと言うことです。本当に戦没者の方を思うなら靖国以外の全ての追悼施設にも行くべきです。靖国だけに戦没者がいるわけではない。靖国を特別視していることは反対の人も賛成の人も思っていると思います。
2005/10/18(火) 00:45:13 | URL | kez #-[ 編集]
ただいま帰宅。
やはりネット上だと伝えづらいことがあるので、今度あったときにまた話しましょう。
非表示にしたつもりなのに、おもいっきり載ってるから不思議。
またね。
2005/10/18(火) 00:47:37 | URL | ぶり #-[ 編集]
>kez さん
 コメントありがとうございました。 
 小泉首相は他に伊勢神宮なども参拝していますが、それでも、重要なご指摘だと感じました。 また、なにかあったらコメントお願いします。

>ぶり先輩

 先輩のコメント、「非表示にしたつもり」なのに、とされたので、削除しました。
 なんか、コメントの投稿欄の機能の調子が良くないようです。 僕のコメントも編集しようとしているのですが、何度も失敗しています。 お待ちください。

2005/10/18(火) 08:02:45 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。