Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「『自分かっこいいな』って思っている音楽は5秒で飽きる。」
あまりにも強く共感したので、脊髄反射的にエントリーを書いている。


 普段見ないテレビで、アーティストの紹介をしていた。
 Def Tech
 fa.jpg

 def techというユニット名には、「技術に偏重しない」という意味があるらしい。

 

 2人組のボーカルユニット。

 彼らが歌を作る時に考えていることを話していた。

 「自分のために作った音楽、『あ、自分かっこいいな』とか思っている音楽には5秒で飽きる。 人のために作りたい。」

 
 本当に同感。
 僕は、ジャズ・ヒュージョン系のジャムをするときとか、その他、スタジオで遊んだり、バックで演奏する時には、楽しむことを重視して取り組む。 技術があったほうが楽しいに決まっているので、当然技術にもこだわる。 

 けれど、歌詞のついた歌を自分で作るときは、def techの二人と全く同じ姿勢で取り組んでいる。 

 自分で作る歌詞つきの歌は、いつも、聞いてくれる人の事を考えて作る。 何か発見をあげられるか、元気をあげられるか、その人たちの支えの一つになれるか、などなどと。 やっぱり僕にとっては、ジョン・レノンやボブ・マーリーが歌作りに関してはヒーロー。

 だから、詩には本当に気合を入れている。 今のところ、ハングル以外では詩を書いていない。 これは、自分の魂に一番呼応してくれていると感じるのはハングルだという理由からだった。 けれど、ハングルをわからない友人たちにも聞いてもらいたいので、日本語での歌詞も書こうと、最近思っている。

 僕が作った歌が入ったCDを聞いた人から、「歌詞がよかった」といわれる時は、何よりも嬉しい瞬間。 

 自分で納得のいく歌の数が、そろそろアルバムに出来るくらいになったので、自分でCDを作ろうと思っている。 やれるのは今のうちかもしれないので、近いうちに、と思っていたのだが、今日の彼らをみて背中を押された気がした。
 歌詞と楽譜をちゃんとした形で完成させて、2,3日で作り上げようと思う。 演奏を打込みにするか生にするかは思案中。  演奏でするときは・・・頼りにしてまっせ、トニー先輩、きょんしむ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
Def Tech!!
今年の夏にライブ行きましたw
すごいパワーを持った人たちでしたよ!!!
話し方とか変~~とか思ってたけど、そんなの全部吹っ飛ぶくらい気持ちの良いライブでした☆彡
年末に彼らの歌がきっといっぱい流れるだろうと思って、今から楽しみです。笑
2005/12/13(火) 16:36:56 | URL | まぁ #-[ 編集]
ここでも聴いてます!
移動中に聴いてテンションあげてます。
こないだサーフィンの賞とってたわ。
2005/12/13(火) 17:58:23 | URL | kyung #-[ 編集]
初期マジではまってたんですけど、最近は何かめっきり聞いてないです。
今はAIにはまり中です、オススメですよ☆
2005/12/13(火) 20:02:09 | URL | Miryong #-[ 編集]
まあ、
 おー、そうなんだ。
 いいなあ。
 なんか、小錦も絶賛してました。 
 けど、俺は、今日彼らの存在を知った。。。

Kyung、
 コメントありがとう。 おお、海を渡ってメッセージが届いているんだね。 すばらしい。 
 ところで、「サーフィンの賞」てなに???

Miryong、
 すでに知っている人が多いので、自分の時代の孤児っぷりを痛感させられています。(汗)
 AIってのはアーティスト名? 
2005/12/13(火) 22:15:43 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
サーフィンの発展に貢献した人物・団体に贈られる「なみある?サーファーズ・アワード2005」を受賞したみたいよ!
http://excite.co.jp/News/video_news/g051223.html
メッセージがちゃんとあるのと、音楽を音楽だけの枠で捉えないで、たとえばスポーツに与える意味を考えてる。
黒人が、「抵抗」を、音楽やグラフィティを通して(ヒップホップ文化)表現した、歴史を
ちゃんとrecognizeしてるように思えた。
2005/12/14(水) 02:39:51 | URL | kyung #-[ 編集]
はい、アーティスト名ですよ。最近アルバム出たし、オッパの感想も聞きたいので是非聴いてみて下さい!!
2005/12/14(水) 13:21:59 | URL | Miryong #-[ 編集]
Kyung、
 >黒人が、「抵抗」を、音楽やグラフィティを通して(ヒップホップ文化)表現した、歴史をちゃんとrecognizeしてるように思えた。

 君がそう評価するって事は、かなり期待が膨らみます。 まだCD聞いて無いので。
 音楽ジャンルに形から入っていって(形から入るのは全然構わないと思うけど)、その背景についてついに知らない人が多い気がする今日この頃には、とても貴重なアーティストなんだね。


Miyong、
 了解。 聴いて、感想のエントリーを書くよ。 ありがとさん。
 
2005/12/15(木) 00:19:53 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。