Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
最近の出来事に突っ込んでみる。
 まずは経済関連。
 
1.「ジェイコム株 単純ミスで大損失 東証「安全装置」なく」 
 
 今日はちょっと雲の上の人と話す機会があったのですが、彼曰く、「茶番だ」、そうです。 このあたりについては、詳細はやめときましょう。。 


 それより、決着のつけ方について。

 問題解決型で考えるべきだと思います。 ここでの「問題」と言うのは、今回の取引のみならず、これにならって以降起こるかもしれない同様の行為を含みます。

 競争的な自由市場において、
 「過誤にござりますれば、お許しのほどを。 後生でございますm( _ _)m。」
 ってのは、さすがに通用しないわけです。 

 本石町日記さんの記事をご参照。
 


 けれど、
 「間違ったで済むと思っておるのかっ!! 全額頂戴する!! だめなら身体で払ってもらおうか。」
 ってのも、それはそれで、問題がありそうです。 ミスにビビッて市場参加者が減ってしまう可能性があったりと、色々とコストがかかりそうです。 

 47thさんの記事をご参照。


 さらに、
 「すぐ取り消そうとしたのですが、お奉行様のお身体の具合が悪うございまして。」
 の、場合は、もうちょっと、事情を考慮する必要がありそうですね。
 さらに、相手が、奉行(東証)の身体の具合が悪いことを知っていたのなら、なおいとど。

 市場は自由でありつつも、公正であるべきなんですよね。 公正ってのはまた、曖昧な概念ではありますけど。

 で、どうしたものか。
 さすがに、「三方一両損」で、一件落着なり、みたいなことは無理ですね。。 (この、「三方一両損」という単語を使いたかったがために、変な喩えを使ってしまいました。。)




 はい、次。

 2.「カネボウ2社の譲渡先、花王連合に正式決定」

 ぱっと見、まあ、悪くないのかな、と思われるかもしれません。 けど、ところがどっこい。 花王は2年前、産業再生機構が介入する前に、すでにオファーをかけていたんです。 それに、産業再生機構が割り込む形で入ってきて、結果的に今回花王に譲渡されたということ。 
 RTC勉強会主催者、ちょーさんのエントリーご参照。 

 産業再生機構の官僚主義的な体制について意見が色々あるみたいですけれど、個人的に関係者のインタビューとかを聞いていると、そこまで官僚主義的ではないのではないかな、と、感じます。 例えばこの本ご参照。

 それでも、2年間あれば、もっと社会的に大きな価値を創れた可能性は高かったでしょうね。 そうであれば、経済全体の厚生には大きくマイナスです。  

 

 分野は変わり、社会問題。 
 
 3.「鉄筋減らせ」メモ…総研チーフ、自ら作成と認める
   
 皆さんお怒りの、この問題。
 黒幕は総研という見方が体勢をしめているようです。
 けれど、ちょっと穿った見方をついついしてしまう僕としては気になるところが。
 こういった、単価が高い産業でスキャンダルが起こるときって、今までの出来事を見ていると、さらに、ある職業の方々がかんでいる場合が多かった気がします。
 まあ、これは、ゴシップ的な疑いに過ぎないので、事実が明るみになる前は、何とも言えませんね。

 


 最後に、スポーツ欄。

 4.ベネットが金子賢の顔面破壊を予告=PRIDE  
 
 俳優の金子賢さんが、PRIDE参戦。 僕はこの俳優さんを良くは知りません。 誰か知っている人、教えてください。

 知名度が高くなれば、僕でもPRIDE出れるのでしょうか?  うーん、出たい(結構マジです)。 今年の目標の一つが、筋肉で10kgウェイトアップだったのですが、5kgで限界っぽいです。   本当はシウバとやりたいのだけれど、10秒で殺されそうなので、他の相手で。 色々とストレスがたまっている時期なので、このごろ威力が増してきている左ハイを思いっきり打込みたい。っておい。
Comment
≪この記事へのコメント≫
金子賢はジャンクスポーツの司会の一人。
2005/12/17(土) 01:08:27 | URL | しも #JalddpaA[ 編集]
TBありがとうございます。
自分のエントリーと関係ないところで、一点だけ反応すると、結果論としては、IRCJが粉飾問題や旧経営陣の影響の断絶その他の解決を引き受けたという点で評価はできるような気もします。
あとは、ごく個人的に、カネボウ化粧品の定款やガバナンス関係規則が買収後も生き残ってくれることを希望しています(会社法現代化で手を入れないといけないかも知れませんが・・・)。
2005/12/17(土) 04:14:50 | URL | 47th #cyygG8p6[ 編集]
しも先輩、
 コメントありがとうございます。
 なるほどう。 
 ちょっと小耳に挟んだのですが、彼は、かなり以前からトレーニングを地道にしていたらしいですね。 
 けれど、おそらく病院送りかと・・・
 K1ならまだしもPRIDEでは奇跡はおきないと思ってます。

 47thさん、
 コメントありがとうございます。
 >IRCJが粉飾問題や旧経営陣の影響の断絶その他の解決を引き受けたという点で評価はできるような気もします。

 確かにそうですね。 こういったことは、公的機関だからこそうまく執り行えること何だと思います。

 
 それと、僕はカネボウ化粧品の定款やガバナンスについては勉強不足でよくわかっていないのですが、47thさんがそういう風にお話をされるということは、マ・クベの壷並みに「いいもの」なのですか??
2005/12/18(日) 14:55:46 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。