Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
Pro or Con?
 皆さんに質問なのですが:

 宮崎勤氏の死刑判決、賛成? 反対?

 理由付でコメントくださると幸いです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんわ
賛成

 死刑 それ自体 野蛮で忌むべきものですが、
日本には 死刑に 取って代わる 刑罰が 事実上
存在しない為、今の所はいた仕方ないと考えます。

また精神鑑定で 減刑されるような制度は直ちに
廃止すべきと考えます。精神がどうあれ、年齢が
どうあれ、自分のした事のけじめは、自分でつけねば
ならない・・・そう 感じるからです。
2006/01/18(水) 01:10:53 | URL | I-RIAS #-[ 編集]
 I-RIASさん、コメントありがとうございます。
 
 なるほど。
 他の方のご意見、引き続き、お待ちします。
2006/01/18(水) 10:38:52 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
賛成、反対どちらでもありません。

ただ、僕がこれから家族を作り、家庭を育てていく環境には絶対に現れないで欲しいということだけです。
そして、僕はこの種類の方々には更生の余地はほとんどないと考えています。
結論としては、死刑でも禁錮でも構いませんが、2度と自由を与えることはしないでほしいです。
2006/01/18(水) 11:16:26 | URL | MI #-[ 編集]
わかりません
質問の趣旨が・・・。有罪?無罪?死刑賛成?反対?

どういう意味なんだろう・・・。

精神鑑定は見解がはっきり割れたようです。つまり、精神異常者を演じられた場合には精神鑑定では見抜けないということなのかも知れません。

従って、現状では最高裁の判断が正しいだろうと思うことしかシロートの僕には出来そうもありません。これは麻原ショーコー氏の裁判にもいえますが。

次に死刑の是非ですが、事実上、無期懲役が懲役15年程度で運用されているわが国の司法制度の下では死刑に賛成します。さもないと出所して又事件を起こすでしょう・・・。
2006/01/18(水) 13:45:14 | URL | ??? #PgXQQ0.I[ 編集]
MIさん、
 コメントありがとうございます。
 なるほど。 
 確かに、当事者の身になって考えると、そうなりますね。


???さん、
 初コメントですよね。 ありがとうございます。
 今回の判決に対しての判断は、有罪・無罪の判断と、死刑是認と否との判断その他をともに含んでいると思ったので、こういう曖昧な質問になりました。申し訳ございません。
 

 やはり、死刑制度自体には賛成が多数のようですね。

 もう少し、コメント待ってみたいと思います。 
2006/01/18(水) 23:20:36 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
死刑制度の是非についての賛否でしたら、現行法上はさんせいです。

しかし、終身刑導入と引き換えに廃止するのであれば、私は廃止論に立ちます。誤判の可能性があるからです。
2006/01/23(月) 17:03:30 | URL | 田中といいます #PgXQQ0.I[ 編集]
 田中さん、複数のコメントありがとうございます。

 やはり、現行制度上では一般的には賛成が多数のようですね。
2006/01/23(月) 23:15:16 | URL | Taejun #-[ 編集]
初めまして、イオリスと申します。さっそくですが、私は死刑に賛成します。終身刑があっても同じです。私は、終身刑とは死刑相当の罪を犯したけど、心から反省して一生苦しむと言える人だけにくだすべきだと思います。宮崎は反省していません。もはや、治る治らないの問題ではありません。
2007/06/17(日) 12:35:20 | URL | イオリス #uFFwaNnA[ 編集]
 コメントありがとうございます。
 お時間があれば教えていただきたいのですが、心から反省して一生苦しむべき人にのみ終身刑が与えられるべきだと主張される前提は何でしょうか? 
2007/06/17(日) 23:21:17 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。