Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マネックスのみならず、松井証券もだったんですね。。
 何回か書いているのですが、このブログは、普段読んでくれている友人をメインに考えて書いています。 彼女・彼らの多くは、ファイナンスにそんなに興味があるわけじゃないので、それを考慮して書こうとしています。 結果として、説明が多くなったりディテールが弱くなったりして、専門家の方々には退屈なものになる可能性が大きいんですよね。  第一、専門家の皆さんを上回るクオリティのものを書けるわけもなく。。 てなわけで、ファイナンス関連はこれくらいの書き口がベストなポジショニングだと思って(勘違いして?)います。


---------------
 さて、次は、証券会社数社の、ライブドア株への対応について。

 注文の殺到により、東証が取引停止になったのは、ほとんどの人が知るところだと思う。

 東証の市場としての効率性の議論は、ここでは置いておいて、今回は、その引き金となったマネックス、松井証券、その他証券会社について。

 「ライブドア株式を保有する個人投資家に対する保証委託金と代用有価証券の掛け目の変更により生じた追い証を調整するための売りの急増」
 が、引き金となった。 ちょっと説明していこう。


 -ライブドアの個人投資家
 以前のエントリーでライブドアが数度にもわたって株式分割をしてきた事を書いた。 株式分割は、実行後50日以内の株価変動を激しくするだけではなく、単位毎の株価が安くなるので、あまり大きな資金を持っていない人でも株を購入するのが容易になる。
 結果として、ライブドアの株式を持っている人間の数は、相当数になっている。 多くは、ネットを通じて株を売買する小口の個人投資家。 2005年12月25日の時点で株主数なんと22万人。


 -追い証 
 株価は変動するリスクがあるものなので、株式を購入する際に、投資家は証券会社に対し保証金を支払う決まりになっている。 リスクが低い企業の株式であれば、そのぶん要求される保証金は少ない。
 株価が大きく下がったときなどには、この委託保証金を追加で差し入れることになるのだけれど、この追加で入れる保証金を追い証とよぶ。

 追い証は、今回、委託保証金率と掛け目の変更によって生じた。


-委託保証金率
 上で述べた、信用取引に対する委託保証金のパーセンテージ。
 変更したのは、松井証券。 日経金融新聞によると、ライブドアグループ七社の保証金率をこれまでの31%以上から60%にまで引き上げる事を決定したらしい。 つまり、取引額の29%以下の追い証。 げげげ。  

 -代用有価証券の掛け目の変更
 株式の取引などにおいて委託保証金を出す際に、現金の代わりに有価証券で代用した場合、現金の担保価値を100%とすると、代用有価証券の担保価値はそれよりも低く評価される。
 この担保価値の%を掛け目という。

 マネックス証券が、ライブドア関連5社に対して、掛け目を70~80%から0%にまで引き下げた。。 つまり、「ライブドア関連5社の株は、1億株持ってきたって担保になりませんよ」ということ。 げげげげ。 たとえば、ライブドア株1000万円分で現金800万円相当を担保していた人は、現金を800万円追い証として出す必要がある。

 
 
 これを見たら、ライブドアの株を売ろうと思う株主は出る。 途方もなく多数のライブドアの株主が、市場の動きを見ながら何回かに分けて売ろうとしたら、もう大変なことになる。 結果、普段は300万件ほどの取引(約定数)が、430万件に上ることになった。
 
 結果、東証がパンクした。 

 
 ちなみに、マネックスが掛け目を0%にした会社は:
 ・ライブドア
 ・ライブドアマーケティング
 ・ライブドアオート
 ・ターボリナックス
 ・ダイナシティ
 の五社。

 さらに、松井証券が委託保証金率を引き上げたのは、上の5社プラス:
 ・セシール
 ・メディアエクスチェンジ
 の計7社。

 
 通常、掛け目の変更や委託保証金率の増加(=追い証要請)に関しては、市場の動きを見て、事件後1~2週間置いて行われるもの。 だから、ほかの証券会社もこれ以降に同様のアクションを起こす可能性はかなり高い。

 掛け目に関して、
 松井証券、楽天証券、カブドットコム、イートレード証券は、様子をみて変更する可能性を示している模様。

 委託保証金率に関して、
 イー・トレードとカブドットコムは東証の決定に従って考えると話している。


 嵐はまだまだ続きそうですね。。
Comment
≪この記事へのコメント≫
どうも、ごくたまにコメントしていく謎の通行人の高嶋です。
おっと~、早速ドアネタですか~!
あの株は実はドアが有名になる1年も前ほどから知ってましたよ!
ある日変なメールが一通きてね。
「ドアが仕手になるよ!」って書いてました。
で、本当に仕手になって一時7000円代にもなってましたね~。
ただ昔からとにかく値動きが変な株でね~。
Sバンクに似てるようやけど、ある日みたら株式分割で300円代なってたり、なんか奇抜な銘柄でしたよ~。
けっこう注目してましたけどまちがっても長期保有したいと思ったことはなかったですね~!
テジュンさん、こんど「ネクサス」って会社しらべてブログかいてくださいよ~♪
2006/01/19(木) 20:34:04 | URL | 高嶋 #-[ 編集]
 お、コメントありがとう。
 ファイナンスの勉強を始めたての頃、ちょうどフジの買収騒動が持ち上がって。。 なんか因縁を感じています。

 ネット関連株みなドーンと下がっていて心配です。 ソフトバンクも18日までに20%以上落ちてるし。。

 ネクサス、、時間と知力があれば。。
2006/01/19(木) 23:00:43 | URL | Taejunomics管理人 #-[ 編集]
どうも、はじめて二回連続でコメントする謎の通行人の高嶋です。
株価なんかさがたったらよろしいがな~♪
僕みたいな善良案な(?)一般市民からいわせてもらえば物はなんでも安いほうがよろしおますで~!
Sバンも3000割るぐらいならんと買う気しまへん!
日経平均7000円代からもう一回はじめましょや 悪笑♪

ネクサスはクソみたいな営業会社ですよ!
チャートだけみたらかなり買い時やけど、あそこ経営不振に突入しつつあるからね~
株主はソフトバンクインベストメントと光通信。
テジュンさんの一回あそこの財務諸表とか経営内容かチェックしてみてください。

光みえるんあったら中短期保有で買ってみよかなって。。

ちなみに株価ががっつりさがった一番の理由は「おとくライン」の販売事業で滑ってたことです。
2006/01/19(木) 23:19:40 | URL | 高嶋 #-[ 編集]
 そうなんだ。
 株は長期的にはパフォーマンスに、短期的には期待に影響されるところが大きいから、その企業が君が言うような企業の場合、短期保有以外はしない方がよさそうですね。
2006/01/20(金) 10:42:20 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。