Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「分かった」ってどうやってわかるんだ?
 学生時代に構造主義をかじっていて、フーコーやサイードに影響を受けている僕としては、気をつけようと心がけていることがある。 

 それは、メディアの報道する事実と疑いの峻別。


 大学で刑法の先生が8コマくらいかけて冤罪をテーマに講義をしていたので、結構覚えているのだけれど、例えば、冤罪の場合:

 警察が容疑者を別件逮捕(例えば殺人を取調べる目的なのに、不法侵入の名目で逮捕)
  → 警察が作り上げた筋書きを元に、「自白」をとる。時に脅しながら。
    → メディアがその筋書きを「~であることが分かった」と報道。
 
 こういう手順を踏んで、「~であることが分かった」が製造されていた。

 
 だから僕は、例えば、こういう報道に対して疑いの目を持ってしまう。 下は、毎日の18日夕刊から:

--------------------------
 ライブドア:出版社買収、新株売り抜け目的 「発行で資金調達」
 ◇6億6000万円還流

 ライブドア(東京都港区)グループによる証券取引法違反事件で、容疑の中核となっている情報誌出版会社「マネーライフ社」の買収は当初から、株式交換のため関連会社の新株を発行し、高値で売り抜けることが目的だったことが分かった。関係者は「新株の発行は紙幣を印刷するようなもの」と証言し、新規発行株は実際、株式分割により高騰した後、ライブドアが実質支配する投資組合が8億円余で海外ファンドに売却し、約6億6000万円がライブドア本体に還流していた。

 東京地検特捜部は、こうした手法がライブドアの「錬金術」の本質とみており、ライブドアの堀江貴文社長(33)らを追及し、グループの不透明な企業買収の実態解明を図るとみられる。

 関係者によると、ライブドアが実質支配する「VLMA2号投資事業組合」は04年6月、マネーライフの全株式を取得して買収。同年10月25日、ライブドアの関連会社「ライブドアマーケティング」(LDM、当時バリュークリックジャパン)が、既に実質ライブドアの傘下だったマネーライフを「子会社化する」と虚偽の発表をした。これに伴い、同組合はLDMとの間で、マネーライフ株とLDM株を1対1で交換する契約を締結。LDM側は株式交換に向け、1600株を発行した。この新株はその後に高値で売り抜けて現金化するためのもので、ライブドア関係者は特捜部の任意聴取に対し「マネーライフを事業に活用する計画はなく、資金調達の手段だった」という趣旨の説明をしているという。

 実際、LDMは04年11月、自社株を100分割すると発表して株価は高騰。同組合が株式交換で得たLDM株の総額は、当初の約2億8000万円が一時44億円余まで膨れ上がった。05年2月になって、同組合は8億円余でLDM株を海外ファンドに売却。その後、スイスの銀行や別のファンドなど複雑な経路をたどり、売買手数料などが差し引かれた約6億6000万円がライブドア本体に還流したという

 特捜部は、既にマネーライフが実質ライブドア傘下だったことを隠してLDM側が「株式交換し、子会社化する」と発表したことが同法違反の偽計に当たると判断しているが、一連の買収行為は、新株を発行して高値売却で資金を得る「仕掛け」とみている。

------------------

 と、誰が、どのような方法を通じて、事実を確かめたのかについて、不明確な部分がある。 この記事なら、「実際、~」の部分は、事実。 けれど、それ以外の部分は、まだ疑いに過ぎないのであって、それを「分かった」と報じるのは、どうなんだろう。


 専門家の人々は、事実と疑いの峻別をきっちりやっていて、ブログを見ても、さすがと思うのだけれど、事実と疑いをごちゃ混ぜにしているブログのエントリーはかなり出回ってしまっている。 証取法の定義とはちがうけれど、これも社会通念的には、立派な「風説の流布」なのかもしれない。

 たまたま今回はライブドアだけれど、政治や歴史に関した問題について巷で論じられるときも、事実と疑いがごちゃまぜになっている場合が少なくない。 どうしたものなんでしょうね。


 ※一応、フーコーとサイードの代表作を紹介しておきます。
 ミシェル・フーコー :知の考古学
 エドワード・サイード:オリエンタリズム
Comment
≪この記事へのコメント≫
政治や歴史
>どうしたものなんでしょうね。

極端な話、今とこれからを大切に思って、過去のことは水に流す、しかないのかなぁ…
2006/01/20(金) 17:58:36 | URL | atsu #w8e2iL8Q[ 編集]
 歴史に関して言えば、歴史資料の共有がとりあえずの第一歩になりそうですね。 これも相当難しそうですけれど。。
http://stjofonekorea.blog6.fc2.com/blog-entry-271.html
2006/01/20(金) 19:49:02 | URL | Taejun #-[ 編集]
実際には、検察側のリーク情報を裏づけせずに「もっともらしく」記事にしただけでは?
2006/01/23(月) 17:10:46 | URL | 田中といいます #PgXQQ0.I[ 編集]
 田中といいますさん、コメントありがとうございます。
 それもまた、疑惑に過ぎないわけなんですよね。 本当に難しいところです。
2006/01/23(月) 23:11:30 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。