Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ライブドアのニッポン放送株式取得について総括⑧-MSCBその5
 シリーズも、ここまで来ると、さすがに書くほうもしんどくなってきた。 読むほうも、ごちゃごちゃして、かなり読みづらいかもしれない。 
 お手数おかけします。 MSCBの説明は、今日で終わりですから。。 あとは、近況の中継をしていきたいと思っています。

 

ライブドアのニッポン放送株式取得について総括⑥の続き。
----------------------------------------
さて、さすが切れ者の新入社員、気付いたようです。


 新「転換する際には、議決権のある株式を発行するわけですから、どんどん株価が下がる間に、一方では、転換&売却である程度の利益を確保しつつも、他方でその株を買い占めておくという方法がありますね。それも、会社の経営に影響を及ぼせるレベルで。
 現在、STJ本人が持っている株式数は10000株にしか過ぎないわけですから、方法によっては、我々がSTJの会社の株式を過半数保有してしまうことも可能なのですね。」


 上「その通り。 では、君なら、過半数を保有する際、どのようにするのかな?」

 新「はい。 とりあえず、株価が、可能な限り低くなるようにしつつ、一方で株の売り買いを続け、利益を確保します。 
 もともと、STJ社は、それほど企業の質が悪いとは思えないので、今回の騒動が過ぎ去った後には、また業績が伸びうると思われます。 
STJを社長から外して、STJよりも有能で、我々の息のかかった経営者を代わりに置けば、この可能性はさらに高まりまると思います。 我々が過半数を保持していれば、経営者の任免は我々が独自に行うことが出来ますしね。 
 業績が上がれば、株価はまた上がるわけですから、過半数以上を保持している我々は、さらに儲けることが出来るというわけですね。」


 上「うん、さすがだ。 ただし、このプランは、普通に売り抜けるより、多少リスクが高くなるので、もっと、この手の事業に精通しているファンドに株を売却してしまうのもいいかもしれないな。」

 新「なるほど。 そうですね。 まあ、どちらにしろ、我々には選択肢が増えるだけで、困ることは少ないというわけですね。」

 上「そういうことだ。 さてさて、では、仕事に取り掛かるか。」

 新「はい!」

----------------------------
 一応、比率などは、本来の条件をそのままに用いている。


 さてさて、なかなかとんでもない金の借り方をしてしまったものだと考えるのは自分だけであろうか? ライブドアに800億円を借りるだけの信用力がなかったので、この様な条件をのんでしまったのかもしれないが、さすがに、まずいと思う。

 また、一言断っておくが、この融資を引き受けた、リーマン・ブラザーズを責める理由はほとんどない。 彼・彼女らこそ、資本主義の論理にのっとり、ルール内で適正な(市場操縦していたら話は別だが)行動をしているのだから。 外資の陰謀だ、と、言うのはナンセンスだと思う。

 一方で、ライブドアの今回の行為の全てが資本主義の論理にのっとっているとは思えない。 株主総会の特別決議を経ない今回のMSCB発行や、ToSTNeT1を用いた、TOB規制の制度趣旨に真っ向から抵触するようなニッポン放送株式の取得方法。
 買収そのものは、資本主義の論理に基づいている。


 ただ、蛇足だが、敵対的買収と言うのは、現在、買収に対する防衛策が発展している「買収先進国」アメリカでは、殆ど成功させることが難しいというのが、通説となっている。
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんわ、初レスポンスです(汗;)

側面的な部分以外をすごく知れて非常に勉強になりました。
正直理解できてない部分がありますが。。。理解力不足念です。。。
また教えてくださいな☆

めまぐるしく状況が変化する中で、なにに対してフォーカスしてコメントしたらよいか迷うので、最後の結末的な部分の、手順さんが蛇の足と言ってたとこに対してちょろちょろっとコメントさせて頂きます。

>蛇足だが、敵対的買収と言うのは、現在、買収に対する防衛策が発展している「買収先進国」アメリカでは、殆ど成功させることが難しいというのが、通説となっている。

実際アメリカでは90年代以降、80年代とは比べ物にならないくらい敵対的買収の件数が激したようです。
会社がいくら利益を追求する集団だとは言っても、「人」あってこそ形成させるもの。
人間は色んな感情を併せ持つ生き物であり、決して機械なんかじゃないですよね。
個人的には、敵対的買収って響きからもう、うまく行く想像なんてつきません。
今回のように関わる人間の規模が大きければ大きいほどそうだと思います。
マーケットの論理の中で考えたら、ある意味ジレンマですよね。

手順さんは敵対的買収に対してどう思われますか?
すごく抽象的ですません。。。
けどコメント楽しみにします。でわでわ(^^)
2005/04/16(土) 23:54:40 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
レスありがとうございます。。 

<font color="#0000FF">>正直理解できてない部分がありますが。</font> 
 私自身の知識を整理するためにも、是非是非、突っ込んでください。 プロの会計士のブログとかでも間違えが指摘されるというのは結構あるんです。 ましてや、自分など、、穴だらけです。。

 続きを書いていたら、とんでもない長さになったので、また新しく記事にしますね。。 
2005/04/17(日) 00:48:06 | URL | 手順@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。