Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
いい留学予備校。
 プロフィール欄にも書いているように、僕は去年、かなり無謀なMBA受験をしました。 その経験が役に立てばと思いエントリーを書いています。


 
 さて、お奨めの予備校を紹介します。
 某予備校にいた際にお世話になった野口先生が設立された、Alpha Lingua Academyです。


 野口先生はブログも書いているので、こちらも是非。
 http://d.hatena.ne.jp/futaro1968/


 
 大手の予備校はお奨めしません。 

 官僚主義的だからです。 

 それには、構造的な理由があります。

 
 MBA受験生は多くが企業派遣、もしくは、役所派遣(人事院派遣制度と言うのがあって、官僚の一部がこれで留学しています)です。 彼・彼女らの受験費用は、もちろん企業・役所(=僕たちの税金!)が払います。 大手の受験予備校は、企業・官公庁とある程度の癒着関係を持っていて、そこには労せずして毎年多くのお金が入るわけです。

 こんな状態で、サービスを良くしようというインセンティヴはなかなか働きにくく、結果としてとても官僚主義的になっているのが、現在の大手予備校の現状だと思います。


 もちろん人格的に素晴らしい人はいっぱいいました。 ですが、ちなみに、P某予備校に関して言うと、僕がお世話になった先生方は皆退職されました。 やはり、合わなかったのでしょうか。 だから、こんなエントリーが書けるわけですが。

  
 野口先生は、クールな知性を持ちながら、本当に親身になって学生の相談を聞いてくださる方です。 僕も、一緒に受験した友人達も彼にはとてもお世話になっています。
 もし、今から留学を志すのであれば、ぜひ、この学校へ行く事をお奨めします。 留学を成功させるのには、よい講師ももちろんいたほうが良いのですが、それ以上に、その人の将来のビジョンを明確に出来るよき相談者と、強い意志を持ち続けられるような応援者が周りにいる必要があるんです。 大手予備校では、その点は正直弱いです。


 僕も将来また次世代TOEFLを受けることになると思うので、その時は、ここにお世話になろうと思っています。


 私費での留学を志されている方は、是非。 
 
 http://www.gmat-toefl.com/
Comment
≪この記事へのコメント≫
MBA受験
今かなり無理なスケジュールでMBA受験をしています。
切羽詰った状況なのでマイスターの集中講座を受けるか野口先生の個人レッスンを受けるか迷っていてこのブログにたどり着きました。
Taejunさんの去年の経験をお伺いしたかったのですがプロフィールが見れませんでした。。
2007/04/19(木) 00:53:02 | URL | ねね #-[ 編集]
どうも今晩は。
もし何か私で手伝えることがあれば、シークレットコメントにメールアドレスをつけてご連絡ください。 お待ちしていますね。
2007/04/20(金) 01:57:35 | URL | Taejun #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/21(土) 00:28:30 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。