Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
万事に通じる面接能力。
 今日は、夜に面接の訓練。 きびしめバージョン。
 今までで一番しんどかった。 涼しいはずなのに、鋭い質問に汗がたらたら。 録画しておいた自分の姿、しょぼすぎる。 
 
 どのような質問に対しても、答の要旨を1文章で話せること。 答の全てを、1分以内で話せること。 きわどい問いに対して、常に己のポジションを崩さないこと。 動揺していても、それを表に出さないこと。
 
 面接だけに関した話ではなくて、常に必要な能力である。 

 さて、この能力、いかにすれば身につくか。 

 考え抜くこと、そして、ものの本質をつかむこと、と考える。 そのための過程は、3種類が考えられる。 
 第一は、人と問題意識のある分野について話し合うこと。 
 第二は、問題意識を書き止め、それを読みかえすこと。 
 第三は、問題意識をもちながら、関連した書籍を読むこと。

 幸い、英語の会話自体はあまり問題はないらしいので、その点に思考を集中させようと考える。 と言うわけで、今日のブログは、このような感じである。 
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。