Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ヒューリスティックとバイアス。
 権兵衛さんは、あまりいい噂を聞かないおばあさんの家に泊めてもらいました。

 夜中、目を覚ますと、隣で包丁を研いでいる音が聞こえます。

 「やられる前にやってしまおう。」

 そう思って、権兵衛さん、おばあさんを打ちのめしてしまいました。


 息も絶え絶えのおばあさんの一言、

 「料理のために包丁を研いだだけなのに・・・」
 







 一説によると、マーケットにかなりの影響を及ぼしているらしい、このお話。

米はテポドン発射前に先制攻撃を=元国防長官が寄稿-Wポスト紙

 【ワシントン22日時事】ペリー元米国防長官とカーター元国防次官補は22日付の米紙ワシントン・ポストに連名で寄稿し、北朝鮮が発射準備を進めている「テポドン2号」とみられる長距離弾道ミサイルについて、「もし北朝鮮が発射に固執するなら、発射可能になる前に先制攻撃する意図を米国は直ちに明確にすべきだ」と主張した。
 両氏は米軍のミサイル迎撃システムに関し、北朝鮮のミサイルへの効果が証明されていないことなどを理由に「発射を待つのは危険だ」と指摘。潜水艦発射型巡航ミサイルなどで事前に破壊するよう求めている。 
(時事通信) - 6月22日17時1分更新




 確か、僕の記憶するところによると、発射の準備がされているとみられた2週間ほど前までは、「北朝鮮は人工衛星と主張」、と一部で報道されていた気がするのですが、あっと言う間に「ミサイルだ」になってしまいましたね^^;

 もちろん、人工衛星であろうとミサイルであろうと、原理はおんなじで先に何を乗っけるかによってなんにでも転用可能なのはわかります。 その意味においては、脅威といえるでしょう。
 ですが、世界中の国々が、さまざまな軍事的(転用が可能なものも含む)実験を行っても何も言われないのに、ピョンヤンにだけにこうも矛先が集中するのは、どんなもんなのかなあ、と、思わずにはいられません。 
Comment
≪この記事へのコメント≫
手順氏

それだけ国際的に信頼がないという事で
はないでしょうか?
2006/06/23(金) 23:23:20 | URL | IRIAS #-[ 編集]
 こんばんは。

 信頼、というより、「評判」という意味では、先進国の間ではよくないという点は仰るとおりだと思います。 ただ、それを理由に記事で取り上げたような論理が通ってしまうと、とても危なっかしいと思います。
 ちなみに、途上国の間では結構評判がいいようです。 
2006/06/23(金) 23:39:10 | URL | Taejun #-[ 編集]
>世界中の国々が、さまざまな軍事的(転用が可能なものも含む)実験を行っても何も言われないのに、ピョンヤンにだけにこうも矛先が集中するのは、どんなもんなのかなあ、と、思わずにはいられません。 

国際法上認められた条約ではありませんが、弾道ミサイルを開発する際には「バーグ国際行動規範(ICOC)」と言われるものが採択されています。

もちろん、北朝鮮は加盟していませんので、この規範に従う根拠はありません。しかしながらこの条文の中で、宇宙開発の名目で弾道ミサイル開発を行なわないようプロセスの透明化は必要である。と言う一文があります。ところが北朝鮮は二枚舌に弾道ミサイル開発を行なっている(都合が悪くなると宇宙開発、恫喝目的には弾道ミサイルを開発していると表明)してきた歴史的経緯がありますので、注目が行くのもやむを得ません。
2006/06/24(土) 08:03:49 | URL | F.Nakajima #-[ 編集]
 F.Nakajimaさん、コメント有難うございます。 ハーグ国際行動規範、初めて知りました。 勉強になります。


 これのことですね:

 (2) HCOCの主な内容は以下のとおり。
 1) 弾道ミサイルの拡散を防止・抑制する。(HCOCの2.a)
 2) 宇宙ロケット計画が弾道ミサイル計画を隠蔽するために利用されるべきではない。(HCOCの2.g)
 3) 弾道ミサイルの開発・実験・配備を最大限可能な限り自制する。右は、可能な場合には弾道ミサイル保有の削減を含む。(HCOCの3.c)
 4) 軍縮・不拡散条約の義務や規範に反して大量破壊兵器の開発・取得を行っている可能性がある国の弾道ミサイル開発計画を貢献・支持・支援しない。(HCOCの3.e)
 5) 信頼醸成措置(弾道ミサイルや宇宙ロケットの事前発射通報、政策に関する年次報告など。但し、これらの措置は、弾道ミサイル活動を正当化することにはならない。)(HCOCの4.)


 上のコメントで述べたように、多少の不信感はいたし方がないとは思うのですが、それでも、やりすぎなんじゃないかなあ、と思っていはいるのですよね。。
 これからもどうぞよろしくお願いします。
2006/06/24(土) 22:09:49 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。