Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
自主権について、レス代わりに記事を書いてみます。
 takaさんへのレスを書いていたら相当長くなってしまったので、記事にしておきます。



1.自主権について、明確な定義というと、少し微妙なのですが、たとえば国際人権規約A規約には、こんなことが書かれています。


第1条

1  すべての人民は、自決の権利を有する。この権利に基づき、すべての人民は、その政治的地位を自由に決定し並びにその経済的、社会的及び文化的発展を自由に追求する。




 これは、人民の権利であって、国家の権利ではないのですが、もし政府の意思決定が人民の意思に基づいているのなら、政府についても同様のことが言えると思います。

 自主権というか、自決権というか、「自分のことは自分で決める」という権利は、人間の性質上、何事にも代えがたい貴重な権利だと僕は感じています。 僕個人でいうと、今年のキャリア変更の過程では、この自主権の大切さを痛感したことが多くもありました。
 ルソーの市民政府論(だったはず)の一節に「私は奴隷の平和よりも自由な死を選ぶ」という言葉もありますが、それも一種の自決権の考えの反映なのだと思います。  

 

2.じゃあ自主権を持っているからといって、なんでもやっていいのかというと、それは断じてノー、と言えます。

 1)たとえば、他者の自由を侵害する場合。 自主権のロジックで考えるにしても、他者の自由を侵害するような個人の自由というのは許されないのと同様に、自らの自主権を守るために他国を侵略したりする事は、決して許されるべきではないのだと思います。


 2)ただ、自主権vs国際協調、となると、正直どこらへんが分水嶺なのか、よくわかりかねています。 

 takaさんのコメント:
 >つまり日本が同様のミサイルを同様の
場所に打っても、北朝鮮からの抗議に
対して「自主権の範囲なので」と
言い返すことが国際法や諸外国との
関係上可能、ということなのでしょうか?


 というのはこの問題を突いていると思います。 事実、朝鮮民主主義人民共和国政府は、日本やアメリカが牽制の意味合いが強い軍事行動をとるときには、かなりの批判をしているようですし。
 
 答えになっていないのかもしれませんが、「可能」だとは思うのですが、それを「すべからく認めるべし、とは言えない」、というのが僕の考えです。 こんなことも考えて、前回の記事で、一応の筋、というあいまいな事を書いているわけです。


 
 この類の問題で、一番避けないといけないのは、「どっちもどっち」的な議論だと思っています。 いわゆる、「議論の相対化」、というもので、徐京植氏らが「秤にかけてはならない」と主張している内容でもあります。
 ですが、現在のところ、議論がこの方向に行く予感がぷんぷんしています。
 
 よく言われることですが、人間は一つの口と二つの耳の穴と目の穴を持って生まれています。
 主張することも大切ですが、相手の言い分を理解しようとする姿勢はもっと重要だ、と感じている今日この頃です。 

 お昼休み時間なので、あたふたと書いてしまって理解しにくい部分もあると思いますが、とりあえずは以上です。
 ご飯買ってきます。
Comment
≪この記事へのコメント≫
Taejunさん、エントリ感謝します。

おかげさまで少し分かってきました。
自分なりにもう少し勉強して今後の
推移に注目したいと思います。

>事実、朝鮮民主主義人民共和国政府は、
>日本やアメリカが牽制の意味合いが
>強い軍事行動をとるときには、かなり
>の批判をしているようですし。

自分も含めて日本人の多数派は
日本が他国に対してどういう所作を
日ごろ取っているか、ということに鈍感
な気がします。しかし自分がされたことには
敏感(慣れてないし)というか過剰に
反応することもある、と。

知らなくても暮らしていけるということが
一番大きいのだとは思いますが、この部分は
自分の専門にも関わってくる気質というか
現象なのでちゃんと考えたいですね。

取り急ぎ御礼まで。
2006/07/06(木) 20:37:22 | URL | taka #-[ 編集]
 >自分も含めて日本人の多数派は
日本が他国に対してどういう所作を
日ごろ取っているか、ということに鈍感
な気がします。しかし自分がされたことには
敏感(慣れてないし)というか過剰に
反応することもある、と。

 立場の非対称性については、本当に考えることしきりです。 日本人だけでなく、コリアンも同様だと思います。

 この感覚のギャップを、少しでも埋められればいいなあ、と思っています。 これからもよろしくお願いします。
2006/07/06(木) 23:10:52 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。