Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
判官贔屓。
 そうそう、亀田選手のことを。
 
 メディアの報道は、相変わらずひどいですね。 ネットの住人たちも、言いたい放題ですし。 

 試合を見ていましたが、判定は、「微妙」の域を超えるような内容ではなかったと思いますし、どこにでもあるようなホームタウンデシジョンの枠内で十分説明できるような内容のものだと思います。 ダウンをとられたとしても、2ポイント。 ということは、残りの11回のうち、7ラウンド分をとれば、それで勝てるわけで。 

 八百長と言ってしまえば楽なのですが、客観的事実からの帰納的飛躍に対しては用心深くあるべきだと思います。 僕の身の周りには、その帰納的飛躍に基づいた無責任な議論がはびこっているので、なおいとど。



 本人に直接会っていないのですが、大切なものは誠実さにあると思っている僕としては、報道を通じた彼の姿には共感できない部分は多くあります。 ですが、他方で、僕よりも5歳も若いのに、世界の舞台であそこまで戦う姿には感銘を受けるし、応援したくなります。

  
 、、、こういう議論は危険なのですが、この国、というか、東アジア諸国では、出る杭は嫌われて、ふとした事件や出来事があろうものなら、大勢で嵩にかかって責め立てるという事がとても多いように感じます。 ライブドア、村上ファンド、そして、今回。 渦中にあった人々について、僕は正直好感をもっていませんが、それでも、この現象を見ていると、暗澹たる気持ちになります。 
 

 なんだかなあ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
お久しぶりです。
試合は見てないんですけど、まったく同感です。
手順兄はまだmixi続けてますか?
最近はじめたmixiの日記に書いたんで、もし機会があったら見てください。
2006/08/04(金) 22:35:14 | URL | 敬柱 #-[ 編集]
おお、お久しぶり。コメント有難う。
mixiの日記、見ました。
お元気そうで何より。 これからも頑張っておくれ。
2006/08/04(金) 23:44:02 | URL | Taejun #-[ 編集]
実際殆どがボクシングの判定できる人間じゃない素人だしね。

素人との判断とプロの判断は違うし、俺自身は変と思うけど、ホームタウン何とかの範囲内だとは思う。そんなもんなんじゃねぇの?って感じだな。

2006/08/05(土) 02:06:15 | URL | 文哲 #-[ 編集]
さすが冷静な意見、いいですね。
僕自身スポーツに疎いからダウンがどんなけのもんかも分かりません。まあ個人的な意見はダウン云々の前に「かなり」負けてるように見えましたけど。事実、「世界の壁は高かった~」云々の実況してたくせに、「僅差でしたねー」とか言い出したときは笑えました。

どちらにせよ亀田君は試合しただけで、彼に罪はない。
八百長だとしたら勝ったのは日本資本で、みんな被害者。
会場の黒いスーツ着た人がみんな悪い人に見えました(笑)。

受験する子がいたら亀田弁当買うといいですね。
きっと「負けない」から。
2006/08/05(土) 04:14:42 | URL | hg #GpEwlVdw[ 編集]

そりゃしょうがない。あれだけ状況証拠を残してしまった段階(試合の前の前振り・各マスコミの扱い)を見せ付けられた段階で、なおも「出る杭は嫌われて、ふとした事件や出来事があろうものなら、大勢で嵩にかかって責め立てるという事がとても多いように感じます。」という印象を持っているとすればそれはメディアリテラシーの欠如だ。

まあ、責められるは躍らせているあの親子ではなく、それを飯の種にして醜態をさらしたテレビ局と広告代理店、それにシナリオを書いた放送作家だがね。
2006/08/05(土) 11:21:38 | URL | F.Nakajima #-[ 編集]
むんちょ、やっぱり、そううつったよね?
普通に、地元びいき程度でしか考えられないです。


hg、久々のコメントありがとう。
亀田弁当。。 勝てそうだね。
にしても、亀田少年19歳なのにかわいそうです。。 


F.Nakajimaさん、久々のコメント有難うございます。
しょうがないのはわかりますが、「メディアリテラシーの欠如」とまで言われるのには、疑問が。。 どういう意味なのでしょうか?
2006/08/05(土) 11:39:47 | URL | Taejun #-[ 編集]
まず、最初に一言。taejunさんは
「客観的事実からの帰納的飛躍に対しては用心深くあるべきだと思います。 僕の身の周りには、その帰納的飛躍に基づいた無責任な議論がはびこっているので」と言っていますが

と言って、判断を保留するのはクリティカルシンキングではありません。

まず、客観的事実として。
1.マスコミ各社の異常な報道量。(特にTBSが試合翌日の報道番組に出演させるなどあの辰吉でも無かったことである)
2.実際の試合時間である9時の1時間30分前から延々あの親子の特別番組を放送し続けるなどの異常な報道体制。私が記憶する限りスポーツ報道においてここまで「前振りが長い」のはワールドカップ以外見たことがありません。

これらの点についてこれらは「異常」でもなんでもない。少なくとも感じ取れなかった。とtaejunさんが主張するのならそれはそれで結構です。

しかし、私はこのように前例のないことの背後に何があるのかRetroductionすべきだと思います。そして、その感性こそメディアリテラシーに欠かせないものだと思います。
2006/08/05(土) 14:41:31 | URL | F.Nakajima #-[ 編集]

コメントありがとうございます。 そして、返事が遅れ、申し訳ございません。

なるほど、そういうことでしたか。
私が、帰納的な飛躍に対しては用心深くあるべきといったのは、主に、それを表明する点にあって、決して、そのように考える必要が無いとは思っていません。 おっしゃるように、状況証拠からすれば、F.Nakajimaさんのおっしゃるような考えが出来ることは出来るでしょう。 そして、それは、批判的思考の持ち主ならば、多くの場合そうなのだと思います。
しかし、そう思うことと、それを表明することは、また別の話にするべきだと思います。 表明するのであれば、確たる証拠がないといけないと思うのです。 そうしないと、世の中が大変なことになってしまうと思うんです。

それと、前ふりが長いのは、格闘技番組には共通のことで、ただ、ボクシングにおいては、注目される試合が今回は一試合だけだったので(プライドなどと異なる)、それらについても考慮する必要はあると思います。 それを鑑みても、前ふりが長いことには同意します。

これからもどうぞよろしくお願いします。
2006/08/07(月) 12:36:50 | URL | Taejun #-[ 編集]
ちょっとした課題。
別にこれはコメントではありません。一taejunさんの今回のコメントで、自分の中にinpiredされことを備忘録として書き込むものです。これは自分への課題ですが、もしよろしければtaejunさんも考えてみてください。

taejunさんは、
>そして、それは、批判的思考の持ち主ならば、多くの場合そうなのだと思います。
しかし、そう思うことと、それを表明することは、また別の話にするべきだと思います。 表明するのであれば、確たる証拠がないといけないと思うのです。 そうしないと、世の中が大変なことになってしまうと思うんです。

さてここなんです。ふと私は思ったのですが、例えばかなり極端な例ですが、ヒトラーの例を挙げましょう。彼が人類史上まれに見る災悪をもたらしたことはいうまでもありませんが、このまま行けば恐ろしいことになると警告した知識人は多数に上ります。一体そのうち確実な証拠を握っていた人間は何人だったのでしょうか?

話、変わりますが、確かtaejunさんは碁が得意でしたよね?今「上達の法則」(岡本浩一著)と言う本を読んでいますが次のような一節があります。
「上級者というのはまだ序盤の段階で今自分が3目勝っているというのがわかるものである。そして上級者レベルでも腕が上がるほどその予測は共通化する。」

結局コレだと思うのです。その思考を言語化することはできないのですが彼らは何が起こる可能性があるのかその卓越した「読み」によってわかっていた、というのは言い過ぎなのでしょうか?
2006/08/07(月) 21:52:06 | URL | F.Nakajima #MHZmgNdw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。