Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
免許を取る必要について、ファイナンス理論的に考えてみる。
  僕は、何を隠そう、いまだに車の免許を持っていません。
 最近、多くの人から、「早く免許くらい取れ!」と言われるのですが、どうしても気が進まないのですよね。 

 と、こういった「どうしても気が進まない」と言うものについて、ファイナンス理論的にロジックを組んでみようと思います。 基本的にしょうもないので、お忙しい方は、読まずに飛ばしちゃってください。。  わかりやすくは書いているはずです。



 


 さて、ファイナンス理論においては、モノの価格は、

 「その価格を支払うことにより減ってしまう満足度」「そのモノを買って消費することによって得られる満足度」



 となるように決まります。 そうでない場合は、どちらか満足度がより高い方が選択されることになります。 このように、需要・供給などとは関係なく、満足度がただ一つの要因となるところに(CAPMといった理論とかはさらに市場清算均衡が入ってくるのですが)、純粋なファイナンス理論(というよりアセットプライシング理論)の美しさがあります。

 
 「免許を取る」と言うことは、もう少し広く解釈すると、「車を普段の生活において用いること」となりそうです。 さて、では、車を普段の生活において用いることに、どのくらいコストがかかる(それによって消費が減り満足度が減ってしまう)のかを、考えて見ます。

 僕は当分東京に住むはずなので、「東京において」という限定付きで考えます。 1年でかかるものをざっくりと考えると:


―金銭的なもの
 ・免許を取るのに:30万円(初期の固定費用と考える)
 ・車の費用   :30万円(330万円の車を10年定率法で償却すると仮定)
 ・月極駐車場代 :3万円×12
 ・その他駐車場代:5千円×12
 ・ガソリン代  :一ヶ月当たり1万円×12
 ・車を使うことにより浮く交通費:(2万円×12)

 よって、総費用は、1年当たり96万円(来年度からは66万円)っぽいです。 


―時間的なコスト
 ・免許を取るのにかかる時間:50時間
 ・車を使うことにより減る勉強その他時間:40時間×12(東京の渋滞を想定)
 ・その他、メンテナンス等に使う時間:3時間×12 


 よって、年間で566時間(来年度からは516時間)。


 つまり(上記見積もりが妥当なら)、


 車を使うことによって得られる満足度≧96万円+566時間の支出によって減る満足度
 


 となる場合、東京で免許をわざわざ取って車を買って乗り回すことに意義が生じるわけです。 


 さて、車を使うことによって得られる満足度って、どんなものなのでしょう。 ここもまた、僕の様なオフィスワーカーについてざっくり考えると:

―プラスの満足度 
 ・ドライブに行ける
 ・重い荷物を運ぶときに便利
 ・車を運転できるという満足感
 ・「俺ってかっこいい」と思える
 ・峠を攻められる
 ・親孝行できる
 ・いざという時に
  

―マイナスの満足度
 ・渋滞にいらいら
 ・電車に比べ事故率が高い
 ・運動不足になりがち

 

 こんな感じになって、個人的には、満足度はさほど大きくないかもしれません。 ちなみにこのような満足度の事を、経済学やファイナンス理論では効用と呼びます。

 
 このように車を乗り回すことによる効用が低い場合、車をのるための金銭的・時間的費用により減ってしまう効用が低くならない限り、車を乗り回すことに意義がなくなってしまいます。 具体的に言うと、年に566時間と96万円を使うことが痛くないと思える人は、免許を持つことになります(その人が理論が仮定する合理的な人間なら)。

 右辺の効用が低くなるには、その人がかなり時間とお金をもっていないといけません。 例えば、一年に自由時間が5000時間ある人にとって566時間は大したものではないかもしれませんが、1000時間程度しかない人にとっては566時間は、なかなか大きい。 
 (こういった考え方の土台には、限界効用逓減の法則というのがあります。 例えば、2杯目のビールの満足度は、1杯目のそれより下がってしまいますよね)
 

 翻って自分を見ると、今はお金も時間も全然ないので、車を得るためにかかる金銭的・時間的コストは、主観的にはめちゃめちゃ大きい。 よって、免許をわざわざとりに行く気が起きないわけです。

 もちろん、「いざというときに必要」というのはなかなか強力な理由で、そのために時々は免許を取ろうかなと考えはするのですけどね。。



 、、、なんか自己弁護的な、変なエントリーになってしまいましたが、収拾がつきそうにないので、このあたりで^^;
Comment
≪この記事へのコメント≫
こういうのは面白いと思いますよ
自分が普段直面していることを、そういう視点で見直してみることは、色々と新しい発見があって面白いと思いますよ。
ただ、モデル化については、免許自体はオプションと構成すべき(将来の時点で実際に自動車で得られる効用が少ないと判断すれば、単に自動車を持たずにペーパー・ドライバーになればいいだけなので)だと思いますが^^
ちなみに、私なんかは、自分の好きな車のシートに座って、好きな音楽をかけているだけで相当に満足度が高かったりするので、免許取得によるオプションをフルに行使していたりしますが(笑)
2006/09/03(日) 08:30:54 | URL | 47th #cyygG8p6[ 編集]
47thさん、お久しぶりです。
最近、ものすごい勢いでエントリーがアップされていて、完全復活という感じですね。

こういった頭の体操系は、47thさんのエントリーにとても多かったので真似させていただきました。

免許にかかるコストはオプション価格、、確かに仰るとおりですよね(免許を持っていないので、免許≒車を持つことと早とちり)。 ただ、そうすると、計算が大変そうですね・・・^^;
2006/09/03(日) 08:56:02 | URL | Taejun #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/05(火) 11:02:23 | | #[ 編集]
こんにちは
なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/7824
2006/09/06(水) 17:44:55 | URL | ゆうな #YZdnnNwY[ 編集]
うだうだ考える時間が無駄 峠に行く前にあの世へ…笑
2006/12/15(金) 10:12:51 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
うだうだ考える時間が無駄 峠に行く前にあの世へ…笑
2006/12/15(金) 10:12:53 | URL | 権兵衛 #-[ 編集]
そうですね… このエントリー書いた時、友達から似たようなことを言われました(笑)。
2006/12/15(金) 10:21:48 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。