Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
秋期授業科目を決めました。
 といっても、まだ登録が済んでいないのでまさかの抽選オチが怖くありますが。。

 
 本当はバリバリ理系の課目にチャレンジしていきたいのですが、いかんせん、制約が:
 ・修了要件として、会計や経済学、法律課目を数単位とらないといけない
 ・平日は行けても3回が限界

 とあるので、それを満たすために、ちょっと寄り道しつつの受講です。 引き続き、チャレンジ課目は取っていく予定です^^

 
 


 
 1)業績評価の情報分析、佐藤絋光

 会計課目、いいのを探しにシラバスを呼んでいところ、面白そうだったので受講を決めました。 インセンティヴシステムを構築するためには、どのように指標を組むのが良いのかを考えている課目のようです。 将来のファンドでの活動に役立ちそうなので、とることにしました。
 受講者の評判は聞いていません。。

 


 2)債権インベストメント、四塚利樹

 四塚先生は、MITDr卒、元ソロモンのマネジングディレクター、シカゴで助教授、シンプレクス立上人という華麗な経歴を持つ人なのですが、授業の進め方は、「眠くなる」ものだと言う噂があり躊躇していました。 しかし、今日偶然お会いした天王洲の何某さんの一言で、一転受講を決心。 その一言とは:

 「質問に対する答えのキレはすごいよ」

 僕の教授評価の最重要ポイントは、教え方もあるのですが、質問に対する答えにあるんですよね。 人に教わることの最高のメリットは、本ではわからないところのギャップを埋めてもらうことにあるので。

 試験はキビシメらしいのですが、まあ気にしない。

 
  

 3)財務諸表分析上級
 
 シラバスによると、僕の様な会計初心者は、この前に、企業財務報告・企業財務報告上級・財務諸表分析を取らないといけないらしいのですが、すっ飛ばします。 そんなにとってられませんし。
 
 めちゃめちゃきつい課目らしいですが、楽しいらしいので、頑張ってみます。 課題は多くても良いのですが、グループワークが多いのが少し心配。。 会う時間、作れるかなぁ。。

 

 4)国際課税、渡辺裕泰

 渡辺先生の授業三部作の最後の一つ。 前回、租税法は良かったのですが、ファイナンス課税は一生懸命勉強したのにBでめちゃめちゃ悔しかったので、リベンジです。 絶対にA+とります。

 仕事でも縁のある分野なので、楽しみです^^
 
 そして来期は、タックスプラニングを扱う演習を受講予定。




 5)アセットプライシング、池田昌幸

 一番楽しみな課目です。 といっても、元々は必修科目だったのにもかかわらず、単位を落とす人が続発したため必修科目でなくなったという、いわくつきの課目だったりします^^;
 
 山は越えてナンボなので、楽しみます。




 6)バリュエーションとマーケット、岩城秀裕

 以前このブログでも紹介した、マッキンゼーのValuationがテキストなので、とることにしました(安直)。
 
 6,7,8は土曜日の課目なのですが、土曜日の課目、選択肢が少なくて、問題だと思います。 


 
 7)アセットプライシングトピックス、野口悠紀雄
 
 なんだかんだ言って、フランクに話せる雰囲気は気に入っているので、受講することにしました。 英語で授業をするそうなので、ファイナンスのテクニカルタームを英語で話す良い機会かな、とも思いますし。
 
 今度こそ、授業中に「面白い本の書き方」を質問しようと考え中。



 8)ベンチャーキャピタルマネジメント、秦信行

 あまりにも基本的過ぎるとのことで、前評判はいまいちなのですが、まあ、これは外せないということで。


 

 以上です。 マイナーチェンジの可能性はありますが。 

 登録は、明後日。 結果発表はその後です。
Comment
≪この記事へのコメント≫
職場の人間にとる科目の数を言ったら、Are you sure?と言われました^^;
身体を壊さないように気をつけながらがんばります。
2006/09/20(水) 13:22:38 | URL | Taejun #-[ 編集]
履修のその後
履修結果はいかがでしたか。
いくつかの授業は私も興味があるのですが、オンラインでシラバスは公開されていませんか。

四塚利樹先生の授業をホームページで調べた限りでは、アセット・アロケーションとファイナンス演習は、論文を使用するのでおそらくかなり高度な部類だと思います。
この授業で四塚先生とまともな議論ができれば、修士論文を書くのに役立つはずです。

ちなみに、この履修量で平日は3日しか行けないというのは非常にタフなスケジュールですね。私ならとても無理です。
2006/10/04(水) 17:53:21 | URL | チキンワイヤー #-[ 編集]
お久しぶりです^^ 履修はパスしたのですが、いくつかの授業は変更する可能性があります。

なせばなる、の精神で秋期も頑張ります! チキンワイヤーさんはそろそろ卒業ですね。 卒論、頑張ってください^^
2006/10/05(木) 00:00:03 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。