Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
シジをうけて。
 今日朝でがけにひらいた新聞を前にして、久しぶりに「マジかよ」と言葉を発してしまったタイのクーデター、無事収束に向かうようですね。

 易姓革命の思想と言うか、そんなものを感じました。
 やはり、国のあり方は、その国に住む人々が決めるもので、その人たちの支持を受けるものは、多くの場合うまくいくのですね。
 

 日本では、これまた圧倒的な支持を受けて、新総裁が誕生。
 こっちも、うまくいく、のでしょうか^^; 経済界の反応は、概ね冷ややかなので気になるところです。

 
 「指示をうけて」、と元部下達が証言している裁判の行方も、やっぱり、気になるところです。


 <タイ・クーデター>政治混迷に嫌気 国王の威光も大きく

 【バンコク藤田悟】タイ陸軍のソンティ司令官が率いたクーデターは、タクシン政権側による抵抗もほとんどない形で奏功し、暫定政権樹立に向けた動きが本格化した。突然のクーデターが一夜にして成功した背景には、国民の崇敬を集める国王の威光の大きさとともに、半年以上に及ぶ政治混迷に嫌気が差したタイ国民の世論の存在が大きな要素としてあった。

(毎日新聞) - 9月20日18時46分更新

Comment
≪この記事へのコメント≫
>易姓革命というのは的を射ているかもしれません。文字通り首がすげ変わっただけですから

>他にも憲法の欄を読ませていただきましたが、taejun氏は偏った文章を書かないように大変気を使っているように思います。自分も見習わなければww
 これからもちょくちょく覗かせていただきます。下手な本読むよりはためになりますから(*゜∀゜)=3
2006/09/22(金) 21:56:34 | URL | からのかみ #-[ 編集]
少し違和感を感じました。
王朝が変らないのに易姓革命なんでしょうか?
2006/09/23(土) 01:31:30 | URL | はじめまして #-[ 編集]
からのかみさん、仰るとおり、そういうものの見方にならないようには気をつけています。 曇りない目でものを見続けられればと思っています。


はじめましてさん、王朝は変わっていませんが、僕が似ていると感じたのは、易姓革命そのものよりも「易姓革命の思想」なので、ご容赦くださればと思います^^;
2006/09/23(土) 01:47:29 | URL | Taejun #-[ 編集]
いえ、私も易姓革命について詳しく知ってるわけではありませんので、ただ、国王の威光という紹介があって何故、易姓革命なのかと。
易姓革命の思想自体が、ただの政権交代ではなくて、王朝交代を説明付けるための思想のような気がします。
また、歴史的にも王朝交代の意味として使われてるようにも感じますが。

それに中国的というか、儒教的な感じがします。中国の影響を受けているとは思いますが、敬虔な仏教国にそのような思想があるのか、私もよく分かりません。疑問ですね。
2006/09/23(土) 02:27:53 | URL | はじめまして #-[ 編集]
自信がなくなってきたので、wikipedia見てきました^^;


「易姓革命(えきせいかくめい)とは、古代中国において、孟子らの儒教に基づく、五行思想などから王朝の交代を説明した理論。

天は己に成り代わって王朝に地上を治めさせるが、天が徳を失った現在の王朝に見切りをつけたとき、革命(「天命を革(あらた)める」)が起きるとされた。それを悟って、君主(天子 即ち天の子)が自ら位を譲るのを禅譲、武力によって追放されることを放伐といった。無論神話の時代を除けば禅譲の事例は実力を背景とした形式的なものに過ぎない。」


 僕がいいたかったのは、「革命その他の成否は、その当事者を決めるのではなくて天(民ともいえそう)が決めるものなのだ」というものだったので、大意としては問題ないと思うのですが、どうでしょう?

 このブログではツッコミ系のコメントは大歓迎なので、今後ともよろしくお願いします。
2006/09/23(土) 11:11:00 | URL | Taejun #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/23(土) 22:44:01 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。