Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
森山大道,"it"。
20061022124805.jpg


 森山大道のトークショーを見に行ってきました。 僕は名前をちょっと聞いた程度だったのですが、森山大道さんは、僕の写真の師匠曰く、「生ける伝説」なのだそうです。 http://www.moriyamadaido.com/biography/1938-1967.html


 トークは、森山大道と、ヒステリックグラマー(服のブランドですね)の経営者の方。 二人で話し合いながら、今回の企画についての説明がメインでした。

 参加者の質問受付コーナーがあり、僕の質問に答えてくれました^^

 質問は、「写真を撮るときに何を考えているのですか?」でした。

 彼の答えは、以下の様なもの。
 
 「街角に出ていて、もちろん、写真だけを完全に考えているわけではない。 ノイズが意識にまじっている。 しかし、そのノイジーなもののなかに、何らかの意識が働いて、それが一つに収斂していく。 
 こうやって、気持ちがつんのめるようになっていって、撮る事の欲望体みたいになってくる。
 
 写真の題材は、日常のその場その場にある。 いい場面に出会ったら、いい写真を撮りたいというのが人情でしょう。」

  
 うーむ、もっと勉強したらこの意味が掴めて来るのでしょうか。
 ただ、素人ながらも、ノイズの混じった意識が、被写体(の候補)を目にするとどんどん収斂していくのは、よくわかる気がします。


 ところで、森山大道さんの使っているデジカメの一つは、僕のと同じもの。 彼が始めて使ったデジカメが、このGRなのだそうです。

 だから、サイン会で、皆が写真集にサインをもらう中、

daido.jpg


 カメラにもらっちゃいました^^ 
 サインをカメラにもらおうとお願いしたら、「いいの? 知らないよ?」と言われましたが^^;

 早速すりへっていますが、それもまたアート。 写真の楽しみが増えそうです。 


 その後、後輩たちの展示も見に行ったのですが、それはまた後日。



 (青山-表参道で撮った写真)
 
galson.jpg

omotesando3.jpg

omotesando2.jpg

omotesando1.jpg

Comment
≪この記事へのコメント≫
よいでしょ、大道☆
今度あなたの師匠にあいたーい!
2006/10/23(月) 13:09:40 | URL | ゆきまる #-[ 編集]
よかったです^^ 70近いとは思えない色気を出していたおじさんでした。。 

師匠は、今度イベントで司会をされるそうなので、そのイベントをお教えしますね^^


2006/10/24(火) 00:24:43 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。