Taejunomics

            政治、経済、社会、哲学、芸術、文学、スポーツ、マイクロファイナンス、教育などなど、徒然なるままに書き綴ります。 ※お初の方はカテゴリー欄の「Taejunomicsについて」、をご覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
歴史に学ぶ。
 年末年始は一年間の回顧と目標設定、勉強の方は復習をすませて・・・、と、言えば聞こえはよいのですが、宿題をまったくやっておらず、そのしわ寄せが来ています。。

 今年のテーマは、歴史・もしくは古典から学ぶことにあるので、早速それをはじめています。 歴史の小説を読み、その後史記を読んで裏づけをする一方で、古典の書き写しを行っています。

 歴史小説&史記に関しては、今のところ、「楽毅」(全4巻)、「管仲」(全2巻)を読了しました。 特に楽毅については、学ぶことがとても多かったです。 さすが、諸葛孔明が尊敬した人物だけあるというべきでしょうか。 
 古典の書き写しについては、まずは、論語から開始しました。 古典を読みつつ、気に入った部分を、実際に手で書いています。 中国の古典は、あまりにも短いので、ただ読むだけだとふと過ぎ去ってしまう感じがあります。 そこで、手で実際に書くことによって、書き手の思考のスピードに同調してものを考えられるようにしようと考えての、この書き取りです。

 まさに儒者と呼べる孔子の生き様そのものには賛同しかねるのですが(人々が苦しんでいるのを知っているのなら、そして、そんな状況下各国で政策担当者として招かれたのなら、政治に参加するべきではなかったのかと僕は思います)、その言葉の含蓄の深さには学ぶことが多いと思います。 これを終えたら、次は孫子か、老荘のどちらかですね。

 いい「歴史からの学び方」があったら、教えていただけると幸甚です^^。
Comment
≪この記事へのコメント≫
史記は興味があったので横山光輝の漫画ですが一応読みました。
楽毅も管仲も印象的な人物でした。
時間が出来たら自分も古典も読んでみたいです。
2007/01/11(木) 19:27:18 | URL | LEE #MXCqsy6o[ 編集]
個人的な考えとしては、中国史を学ぶなら和訳された「史記」、特に「史記列伝」を読むのが初心者としては一番手ごろかと思います。その後、解説書として手ごろなところでは宮崎市定の「史記を語る(岩波文庫)」と照らし合わせながら、史記全部、特に本紀を読むべきです。又、経済学を学ぶものなら史記の中にある「貨殖伝」は欠かせません。なぜなら中国の正史にはその王朝の経済政策がどのようであったか必ず載せられているため(唐書・宋書など)これらを読めば参考になる、と思います。


2007/01/11(木) 21:54:12 | URL | F.Nakajima #-[ 編集]
ついでに言えば、諸氏百家の中からお勧めなのは「韓非子」と「孫子」そして「孫ビン兵法」ですかね。「老子・荘子」はあまりこれから金融に進もうという方にはお勧めしかねます。

但し、時間が無いしもっと手軽なのが読みたい!と思われるのでしたら、
http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E5%91%A8%E8%8B%B1%E9%9B%84%E4%BC%9D-1-%E9%84%AD-%E5%95%8F/dp/4062600072/sr=1-1/qid=1168520694/ref=sr_1_1/503-0127289-1031917?ie=UTF8&s=books
の3巻セットです。

西洋史を学ぶのでしたら最初に読むのはローマ史が一番よいと思います。個人的には少々資料の取捨選択に偏りが見られるためあまり好きではないのですが「ローマ人の物語」を一通り読んだ上で、その源資料の「ガリア戦記」や「ローマ皇帝伝」に進むべきです。その上で旧約・新約聖書とその歴史的解説本を読めば、まあ基礎としては大丈夫です。
2007/01/11(木) 22:09:43 | URL | F.Nakajima #-[ 編集]
>遅くなったけど、あけおめ☆
>宮城谷昌光だったら、「香乱紀」の視点が面白いよ。(楚漢戦争期の斉の話)
>三年位前に晏子にはまって『左伝』と『晏子春秋』を読みふけった記憶がある。ってか今もね。他には「王家の風日」(商周革命の話、箕子が主人公)が秀逸。ちなみに箕子ってオレの祖先かも。この本読んでから人生変わった、ような気がする。
(ちなみに弊ブログで箕子のこと書いてるからよかったら読んでみてくりゃれ。朝鮮史を一通り書きたいんだけど、三国時代の手前で悶死寸前だったりするww)

>あ、そうそう。過去記事で何か偉い実業家(?)に自分の豊富を語ったってのを読んで思ったんだけど、taejunは戦国時代の白圭みたいになりたいのか?
>質問で終わってしまった(汗
 今度会った時は古典だけでも面白い話ができそうだから楽しみにしとくよ。今年は飲みに行こうな!
 ではでは(・ω・)ノシ
2007/01/12(金) 00:12:48 | URL | 唐紙 #-[ 編集]
ではでは(・ω・)ノシとか書いておきながら(汗
>連コメ失礼m(_ _)m
 古書の話だったのね。小説のことばかり書いてた(汗
 まだ読んでないのなら『晏子春秋』がおすすめ。全部読んでないけど王陽明の『伝集録』(字あってるよな?)も面白かった。
 中国じゃないけど『李朝実録』の端宗の話(燕山君日記だっけ?)なんかも涙ちょちょぎれて良い。
2007/01/12(金) 00:40:03 | URL | 唐紙 #-[ 編集]
LEE、がんばって^^ 今からなら色々な本がよめるはずだよ。

F-Nakajimaさん、史記だけだと、どうしても退屈になってしまうので、歴史小説で肉づけしているといった感じです。 ローマ史はほとんど無知に近いので、この機会にちゃんと勉強しようと思います。 ありがとうございました!

唐紙、コメントありがとう。 王陽明は結構読んでたときがあった。 面白かったよね。 妟子は、前に読んだけど、また読み直して思う! ありがとう。
2007/01/13(土) 00:07:08 | URL | Taejun #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。